ツラい悩みができたらどうする? 楽観主義が教えてくれた幸せのメソッド




ポジティブな友達と話していて「あれ? 自分が真剣に悩んでいた時間がもったいなかったかも……」と思ったことはありませんか?
器用に自分のマインドコントロールができるようになれば、毎日楽しく生きれそう! そこで今回は、楽観主義者の幸せのメソッドをシェアしたいと思います!

1. 答えが出ないことは考えない

しょせん他人の頭のなかは分かりません。答えが出ないものに関しては最初から考えないようにしましょう。時間をかけて考えても無駄なこともたくさんあります。
その1つの疑問にしがみつくのなら、ほかのことに時間を費やした方がよっぽどましです。自分の人生の時間だって限られているわけですから、ハッピーに生きるためにもっと有効活用しましょう。

2. 大好きな人と会って癒される



とにかく友達・恋人・家族など……自分が大好きな人に会う時間を作りましょう。気が置けない仲なら、悩みができたときになんでも話を聞いてくれるはず!
自分1人で抱え込まないで、誰かに話してみてはいかがでしょうか? 客観的な意見を聞くこともできるし、何か重要なヒントを与えてくれるかもしれません。直接解決には繋がらなくても話すことでストレスを解消できます!
人に悩みを打ち明けたくないという人も、大好きな人と飲みに行ったりカラオケで歌ったりするだけでもスッキリしますよ。

3. とりあえず寝る



モヤモヤしてしまって何も手に付かないなんて時間がもったいない! そういうときは、ここぞとばかりにおもいっきり寝るようにしましょう。
睡眠時間をしっかり確保することで、次の日に気分を切り替えて前向きになれそう! 逆に睡眠不足になってしまうと精神的にも体力的にもコンディションが崩れて、余計ナーバスになってしまいますよ。

4. 時間が解決してくれるのを待つ



人の感情というのは時間の経過によって、薄れていくものです。考えてみれば、私たちはこれまでの人生のなかでいくつもの悩みと向き合ってきたでしょう。
そのなかには、当時は本当に体調が悪くなるほど悩んでいたこともあったと思います。しかし、今すぐに思い出せるのは、そのうちのいくつかだけではないですか? 時間がたつと自分自身も成長していくので、今抱えている悩みも大したことではないと思えるようになるかもしれませんね。

5. 予定を詰め込んで興味をそらす

悩みがあるときは、とにかく注意をそらしてみましょう! おすすめは、映画館で映画を観ること。スマートフォンもオフにして目の前のスクリーンにだけ集中することによって、映画のストーリーに夢中になれるはず。
もしかしたら、悩みが解決するヒントなど思わぬところでひらめきを与えてくれるかも!

まとめ

筆者自身、元は常に危機感を持っている神経質な性格でしたが、最近は「いつも前向きだよね!」と言われることが多くなりました。
それは、楽観的な友達に囲まれていたからだと思います。自分のマインドコントロールが上手な人から、どのようにストレスを解消しているかを聞くことは本当におすすめです!
無意識のなかにも意識があると言われているので、一見何も考えてなさそうな人も自然とポジティブに考えられるようなメソッドを取り入れているはずですよ!

あなたにおすすめ