富田林署の容疑者逃走事件に橋下氏、「接見が終わったことを告げるのが弁護士のマナーだ」

AbemaTIMES

2018/9/12 09:00


 大阪府警富田林署から樋田淳也容疑者が逃走した事件から1か月近くが経過しようとしている。6日放送のAbemaTV『 橋下徹の即リプ! 』には、視聴者から「被疑者の接見後に起こったことで、警察の責任は勿論、接見終了を告げなかった弁護人にも責任があるのではないかとも言われていますが本当でしょうか」との質問が寄せられた。

 橋下氏は「"秘密交渉"といって、容疑者と会う時は警察官が立ち会わず、内容が一切伝わらない状況で話ができるのが、ある意味で弁護士の特権。つまり、弁護士がいつ面会室を出たか警察にはわからないというのが前提だから、接見が終わったら最低限のマナーとして"終わりました"と係の警察官に告げるのが普通。富田林署の面会室を見たわけではないので確定的なことは言えないが、普通はボタンや小窓があって、留置係に"終わりましたー"と告げて、"わかりましたー"と声が返ってきてから返っていた。そうしないと、容疑者は一人きりになってしまう。係がいなかったとしたら、他の警察官の中に行って"僕帰りますから伝えてください"くらい言いますよ」と指摘。

「大阪のテレビ番組で"弁護士の責任だ"と言ったら、猛反発を食らった。もちろん法的な義務ではないし、警察の対応が悪かったのが前提だけど、弁護士はマナーとして終了を告げないといけないと思う。もし僕が同じことしたら、テレビも新聞も"橋下の馬鹿が告げず、逃走!"と、袋叩きに合ったと思う」。

 元衆議院議員の若狭勝弁護士も「弁護士の話が出ていないのでわからないが、声を掛けようと思ったのに誰もいなかったのだろう。弁護士としては警察が何十分もそのままにしておくとは思わず、そのうち来てくれるだろうと考えて退去したのが実態ではないか。でも、被疑者を一人で接見室に残すことは危険だと思う」と話していた。(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

▶橋下氏と若狭氏の議論の模様は期間限定で無料配信中 ▶次回は三浦瑠麗氏を招き、13日(木)夜10時から生放送

あなたにおすすめ