Behringer、このまま売っちゃいそうな808クローン「RD-808」実機を展示

180911rd808
Image: YouTube

ほう、これで5万前後とは…ほう……。

最近のBehringer(ベリンガー)がハードシンセにお熱なのは、ご存知の通り。2018年5月にはRolandの名機「TR-808」を模した「RD-808」なるドラムマシンを発表していたのですが、9月に開催された北米最大規模のシンセの祭典Knobconにて、ほぼ完成レベルな実機が確認されたみたいですよ。



こちらはSynthtopiaによる映像。ついでに、オリジナルのTR-808も見て聞いておきましょうか。



キックのブツっと感の再現、良いじゃない。ややサチュレーション気味というかハイが出気味なのはリブートゆえとして、デザインですよ。色味といいモノ感といい、正直、思った以上です。スケール表示は大人しくなりましたが、ツマミが本家より長いのは使いやすげで良し。でもトグルスイッチないのかぁ、そうかぁ……。

でもでも、おおむね良い感じでしょう。しかもBehringerはこれを400ドル(約4万4590円)未満で販売する可能性もあるなどと言ってまして。それって本家Rolandによるリブート「TR-08」に迫る価格で、かたやあちらはデジタル、こちらはすべてアナログです。とりあえずレベルで持っておきたいハードに出せる金額としては、まー圏内ですよ。
180911rd909
Image: Facebook

Behringer旋風をもうひとつ。8月8日がヤオヤの日なら、僕の誕生日でもある9月9日は、これまたRolandの名機にしてハウス/テクノの代名詞的存在、「TR-909」の日。そんな日にBehringerのFacebookにアップされたのが、上の画像です。「RD-909」、やはり開発中であったか……!

RD兄弟でそろえても約10万となったら、Behringerの客層もガラっと変わってきそうな予感。そのためにはヴィンテージファンを惹きつけるサウンドが何より大事ですが、最近のBehringerならば、あるいは。

BEHRINGER ヘッドフォンアンプ HA400

BEHRINGER ヘッドフォンアンプ HA400
4,980円

購入


Source: Synthtopia, YouTube(1, 2), Facebook, Knobcon

あなたにおすすめ