AKIRAがバイオリンを奏で、ATSUSHIが唄う『この道』本予告&ポスター公開

クランクイン!

2018/9/12 07:00

 大森南朋とAKIRAが主演を務める映画『この道』から、予告編映像とポスタービジュアルが解禁となった。予告編には、二人の芸術家がぶつかり合いながも、時間を超えて歌い継がれる歌を作っていく姿が描かれている。

【写真】役衣装で勢ぞろい! 映画『この道』クランクアップ報告会見の様子

本作は、九州から文学を志して上京した稀代の詩人・北原白秋(大森)と、洋行帰りの気鋭の音楽家・山田耕筰(AKIRA)が、“童謡”を生み出す姿をつづる人間ドラマ。

児童文学誌「赤い鳥」を発刊した鈴木三重吉(柳沢慎吾)に引き合わされた白秋と耕筰は、当初反目し合うが、関東大震災の惨状を目にしたことから手を取り合い、子どもたちを元気づける曲を次々と世に送り出す。しかし戦争が近づく中で、二人は軍歌の作成を命じられ苦悩することに…。

このたび解禁された予告編映像は、大森演じる白秋が童謡『雨ふり』の一節を口ずさむシーンからスタート。続けて白秋が女性に抱きつき、膝枕をされ、挙句の果てに首筋にキスをする姿が映し出され、稀代の天才詩人の知られざる“色男”な一面が描かれる。

また、「君の詩と僕の音楽で、傷付いた人々の心を癒す歌がきっとできるはずだ」と北原白秋に曲制作を持ちかけ、バイオリンを弾く、AKIRA演じる山田耕筰の姿も。震災をきっかけに、衝突していた二人の芸術家が手を取り合う姿が丁寧に切り取られている。

さらに予告編には、白秋と耕筰が作り出した楽曲『この道』をEXILEのヴォーカリスト・ATSUSHIが歌い上げ、予告編に彩りを添えている。

予告編の公開と併せてポスタービジュアルも解禁。ポスターでは朗らかな笑顔を浮かべる自由奔放な白秋と、真面目な表情でバイオリンを弾く耕筰の姿が印象的なデザインに仕上がっている。

映画『この道』は2019年1月11日より全国公開。

あなたにおすすめ