B2takes!・小澤と祭nine.・寺坂のW主演映画完成! 舞台あいさつは爆笑コメント続出!?

ザテレビジョン

2018/9/12 07:05

B2takes!の小澤廉と祭nine.の寺坂頼我がW主演を務めた映画「BD~明智探偵事務所~」が、10月12日(金)より公開。これに先駆けて、都内で完成披露上映イベントが行われ、小澤、寺坂の他、前田希美、的場華鈴、飯山裕太、奥山ピーウィー、あつし、IGU、しだっくす、中島拓斗、森勇翔、名倉良祐監督が舞台あいさつに登壇した。

小澤は「主演をすることはなかなかできることではなく、ましてや、頼我くんとW主演できたことは本当にうれしいです。仲良くなれたこともうれしいですし、B2takes!メンバー総出演という僕の一つの夢がかなった作品でもあります。

出演だけではなく、今回は、なんと『Not Alone』という主題歌も担当させていただきました。つらい世の中ですが、“君は決して一人じゃないよ”という意味が込められています。サビの部分は、ストーリー性ある歌詞になっているのも聴きごたえがありますので、音楽の方も楽しんでいただけるのではと思います」と初主演作に自信を見せた。

また、寺坂は「多くの方々の力があって、今日という完成披露を迎えることができました。感謝しています。この作品は探偵映画なのですが、探偵の枠を超えてメッセージがこもっています。そのメッセージを感じていただけたらうれしいです。そして、全員で取り組んだ熱意を鑑賞後、受け取っていただけたら幸せです」と力強く語った。

名倉監督は「江戸川乱歩を題材にしている作品だということもあり、かなり気負って作品に向き合おうと思ったのですが、爽やかなメンバーが集まって映画を作ることができました。それなので、爽やかな青春ミステリーに仕上げられたと思っております」と、完成の喜びを噛みしめた。

前田は映画撮影にあたって大変だったことを質問され「主演の二人にすごい口の利き方をするヒロインを演じました。その中で人生で初めてタバコを吸うシーンがあり、咳き込むなどしてしまい、めちゃくちゃ撮影に時間かかってしまいました」と告白した。

続けてB2takes!のメンバーたちがあいさつ。

「頼れる酒屋の息子役なのですが、僕は普段お酒を飲まないので、酒屋の雰囲気とかお酒の似合う男にいかに近づけるかを努力しました」(飯山)。

「この作品で一番の長ぜりふをいただき、頑張りました。引きこもり役なのですが、僕は元々小麦肌なので、引きこもりにみえるように顔や腕にファンデーションを塗り、白くして役作りをしました」(奥山)。

「普段は滑舌がよくないので、噛まないようにすることに努めました!」(あつし)。

「女たらしの役を演じましたが、どうやったらチャラチャラに見えるか、女たらしのように見えるのか、色々な研究材料をみてトライしました」(IGU)。

「お花屋の店員の役ですので、花よりいかに綺麗に自分が映るか気にしながら撮影に挑みました。そして、なんといっても体形維持に気をつけました!」(しだっくす)。

「何でも全部できそうなのに、実は何もできない役を演じました。僕は普段はなんでもできてしまう王子さまなので、できない役を演じるのが大変でした」(中島)。

「ヤンキーのリーダー役を演じたのですが、普段、性格が真面目な方なので、ヤンキー役ということで、髪をオールバックにして銀髪にしてみたところ…おじいちゃんのように見えてしまいました」(森)。

などといったコメントに場内は笑いに包まれた。

的場は探偵が主人公の作品にちなんで、解決してもらいたいことを聞かれ「虹のコンキスタドールでリーダーをしています。年上のメンバーが多く、どうしたら自分より年上のメンバーをまとめられるのでしょうか?」と逆に登壇者に質問。寺坂から「僕は祭nine.のリーダーをしていますが、メンバーの中で年齢は真ん中です。ついてくるとかではなく、横並びに一緒に歩けばいいのではないかなあと」とアドバイスを受けた。

舞台あいさつの後半、10月1日(月)・2日(火)に舞台あいさつ付き先行プレミア上映会を開催することが発表されると、会場からは喝采が。

最後に監督は「私の故郷、香川県で撮影しました。キャストの魅力的な表情がつまった作品です。そして“BD”というタイトルに込めた思いも伝わるといいなあと思います」とあいさつ。

小澤は「とっても心温まる映画です。仲間たちへの絆、親への愛などが込められている作品です。日々辛いことはあると思いますが、この作品によってほっこりしていただき、頑張っていけると思っていただけたらうれしいです」と言って、頭を下げた。(ザテレビジョン・文=青木孝司)

https://news.walkerplus.com/article/161786/

あなたにおすすめ