佐々木蔵之介 初の王道ラブストーリー「黄昏流星群」主題歌は平井堅

dwango.jp news

2018/9/12 07:03


10月からスタートするフジテレビ木曜劇場「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(フジテレビ)の主題歌に歌手の平井堅が長年にわたり未発表のまま、温めてきたラブバラード『half of me』が起用されることが決定した。

平井堅がドラマ主題歌を手がけるのは今作が17作目となり、フジテレビのドラマでは2008年放送の「ハチミツとクローバー」の主題歌『キャンバス』以来、約10年ぶりとなる。

この秋フジテレビ木曜劇場で放送される「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」は“セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋”を描くドラマで、原作は、1995年から「ビッグコミックオリジナル」(小学館)にてロングランで連載されている弘兼憲史氏による大ヒット漫画「黄昏流星群」。2000年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞するなど高い評価を受ける名作だ。 今作では、短編オムニバスとなっている原作の中から傑作の一つと言われている第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男と女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、その恋を取り巻く大人たちの人間ドラマが丁寧に描かれる。左遷を命じられたエリート銀行員の主人公に佐々木蔵之介、娘の巣立ちに喪失感を抱く妻に中山美穂、その中山と心寄せ合うことになる娘の婚約者に藤井流星(ジャニーズWEST)、そして、主人公が運命の出会いを果たす孤独な女性に黒木瞳と豪華メーンキャストが出演する。人生の折り返し点が近づき、これからの人生を考え始めた大人たちが、黄昏の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する大人の物語。演技派俳優として確固たる地位を築いてきた“佐々木蔵之介が初めて王道ラブストーリー主演!”ということで、既に注目が集まっている。

今回主題歌に抜擢された『half of me』は2009年7月の平井堅のコンセプト・アコースティックLIVE「Ken‘s Bar」で初めて披露され、LIVEに訪れるファンのみに届けられてきたラブバラードで、未発表のまま、約9年以上も温められてきた楽曲。さらに今年開催20周年を迎えた平井 堅のコンセプト・アコースティックLIVE「Ken‘s Bar」のテーマ曲として知られる名曲『even if』の中で描かれるカップルのその後の未来を歌った楽曲でもあり、ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」の世界観との奇跡的なリンクが実現し、今回の主題歌決定に至った。

<平井堅 コメント>
決して1つにはなれないけれど、だからこそ1つになりたいと願う。生きると言う事は空白の半分を、欠損の半分を探す旅なのかもしれない。そんな思いを書きました。

<主演:佐々木蔵之介 コメント> 
撮影のちょっとした合間、監督にこっそり呼ばれてスタジオの隅へ。タブレットから洩れる小さな歌声。その一角が、柔らかな優しい空気に包みこまれました。平井さんの唯一無二の素晴らしい歌声が、今作を美しく彩り、物語に深みを与えてくださいました。とても幸せです。

<プロデューサー:高田雄貴 コメント>
「いい年をした大人たち」は幾多の苦難に囲まれ、みな傷だらけです。このドラマはそんな大人たちが不器用に純粋に走り回る話です。そのため主題歌は、劇中人物のみならず、ドラマを見た全ての人を愛おしく包む歌にしたい、と望んでいました。そんな包容力がある世界を歌えるのは平井堅さんしかいないと思い、お願いしたところ、「half of me」という素晴らしい楽曲をご提供いただけることになり、たいへん感謝しております。初めてこの曲を聞いた時、広がる情景に心震えました。ぜひ視聴者の皆さんも一緒にこの楽曲の世界に包まれていただきたいと思います。

<演出:平野眞 コメント>
ある日、平井堅さんのライブを見た知り合いから、興奮した様子で「センチメンタル」という曲を紹介されたのですが、淡く切ないノスタルジックなバラードで、一瞬にして“アーティスト平井堅”に魅了されました。そして、撮影中に初めて「half of me」を聴いたのですが、想像していた以上に優しいフレーズと心のこもった声が流れてきて、その瞬間、必然的に画面で何を表現し何を演出すれば良いのか教わりました。曲に左右されるのは稀なことで、とても新鮮です。

■番組情報
フジテレビ 木曜劇場『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』
10月11日スタート 毎週(木)午後10時~10時54分 ※初回は15分拡大
CAST:
佐々木蔵之介 
中山美穂
藤井流星(ジャニーズWEST) 
石川 恋

礼二(中川家) 

八木亜希子 
小野武彦 
黒木 瞳

制作著作:フジテレビ

あなたにおすすめ