『名探偵コナン』、「紅の修学旅行編」が2019年1月に2週に渡って放送決定


工藤新一・毛利蘭たちの修学旅行を描いた『名探偵コナン「紅の修学旅行編」』が、2019年1月5日(土)、12日(土)の夕方5時30分から(※一部地域を除く)、読売テレビ・日本テレビ系にて、2週に渡り、1時間スペシャルとして放送されることが決定した。

「紅の修学旅行編」は、原作で連載1000話を記念し、6回に渡って、工藤新一・毛利蘭たちが通う帝丹高校の京都への修学旅行を描いたシリーズで、連載時、大きな反響を巻き起こした。2週連続の1時間スペシャルは、2016年1月9日、16日に放送された「コナンと海老蔵歌舞伎十八番ミステリー」以来、約3年ぶりとなる。

コナンは灰原から薬をもらい、一時的に工藤新一の姿に戻り、蘭たちと一緒に古都、京都へ修学旅行にやってくる。楽しいはずの修学旅行だったが、思わぬ事件に巻き込まれるというストーリー。新一は天狗が次々に人々を襲うという謎めいた連続殺人事件に挑む。このスペシャルには西の高校生探偵・服部平次も登場。他にも遠山和葉、平次を気に入っている大岡紅葉、新一にそっくりな沖田総司、京都府警捜査一課の綾小路文麿警部ら人気のキャラクターたちが登場して彩りを添える。そして、新一と蘭の恋の行方もファンは気になるところ。ロンドンで自分の気持ちを蘭に告白した新一。蘭はまだ告白の返事をしていないため、この修学旅行中に2人の関係にどのような進展があるのかも見所の1つになっている。今回の決定にあわせて公開されたキービジュアルも頬を染めた新一と蘭の姿が描かれている。

『名探偵コナン「紅の修学旅行編」』は、2019年1月5日(土)&12日(土)の夕方5時30分より、2週連続の1時間スペシャルとして放送。

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

あなたにおすすめ