「調教していこうと思った」夫を付き人扱いする元悪役レスラーに夏菜も思わず絶叫

ザテレビジョン

2018/9/12 06:00

超極悪レスラーとして人気を博した、元女子プロレスラーのブル中野と元ムエタイ選手の青木大輔夫妻が、9月12日(水)放送の「運命のひと押し ここで印鑑を押しますか?」(夜2:15-2:45、テレビ朝日)に登場する。

現役時代には、悪役レスラー集団“極悪同盟”としてリング上ではパワフルなレスリングで暴れ回っていたブルも今や、50歳を迎えダイエットにも成功し美しく大変身を遂げていた。

15歳も年下の青木と結婚しすっかりと丸くなったのかと思いきや青木は、ブルに対して離婚覚悟の念書をたたきつける。

夫・青木がブルに突きつけた念書の中身は「今後洗濯をします」「今後、夫・大輔の承諾なくネットショッピングをしません」「今後ブル中野の送り迎えを強制しません」というもの。

「まるで自分を付き人扱いしている」という夫は「もし判を押さなければ離婚も…」と切り出すと、ブルは現役さながらに「できんのかよ!!」と迫力満点に一喝。思わず、夏菜も「怖いぃぃ~」と絶叫!

新婚当初は家事もこなしていたブルだが、2年目になると一変して夫婦生活が激変。以降、およそ7年間もの間、家事全般はおろか妻の送り迎えまで夫がこなしている生活が続いているという。

遠いところだとなんと大阪まで車で片道8時間もかけて往復しているという夫は「24時間常に一緒でプライベートがない」と語るも、ブルは夫を「調教していこうと思った」と平然と答える。

さらに、ブルの横暴な行いが次々と暴露される。一カ月のネットショッピングには20~30万ほど使う金遣いの荒さや、ブルには内緒でカメラで日常生活を観察すると、ココリコ、夏菜も仰天の光景が映されていた。

そんな、ブルの行いが離婚の成立理由となり得るのか、スタジオには弁護士が登場し法的見解も述べるも、ブルは終始夫の切実な訴えをニコニコとした顔で流していく。

状況を見かねたココリコが、何とか場をまとめようとするもブルの思わぬ一言に遠藤章造が「いま殺されるかと思った…」とビビりまくる場面も。果たして、ブルは夫の念書に判を押すのか?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161748/

あなたにおすすめ