城田優、森川葵の姿に「すごくドキドキさせられるんですよ」

ザテレビジョン

2018/9/12 06:00

MBSは毎週日曜、TBSでは毎週火曜に放送中のドラマイズム「文学処女」。原作は「LINEマンガ」で連載中の、中野まや花による同名漫画だ。恋を知らない文芸編集部の月白鹿子(森川葵)と、恋ができない人気小説家・加賀屋朔(城田優)のいびつな関係から生まれる“遅咲きの恋”を描く。ドラマでは、鹿子の“キワドイ”妄想シーンの他、鹿子と加賀屋、さらに鹿子に思いを寄せる同僚・望月(中尾暢樹)による三角関係も描かれており、原作ファンをはじめ話題を呼んでいる。

城田優演じる売れっ子小説家・加賀屋は端正なルックスを持ちながらも恋ができず、担当となった鹿子を振り回していくという役どころ。

今回、「ザテレビジョン」では加賀屋を演じる城田にインタビューを行い、自身が演じる加賀屋の魅力や、ドラマの見どころを語ってもらった。

――加賀屋の魅力を教えてください。

加賀屋は、非常にミステリアスで、特に前半戦は漫画で実写でもつかみどころがなくて、何を考えているかよく分からない人物ですが、後半で出てくる彼の人間味がとても魅力的です。自分の芯の部分に入ってきてほしくないと思う時って、誰もがあると思うんです。その部分で、深い傷を負っているのが加賀屋朔という人間。

加賀屋は、最初から人に冷たい人だったわけでないので、なぜそうなってしまったのかというところを楽しみながら見てもらえればと思います。ちなみに僕との共通点は、甘いものが好きだということですね(笑)。

――少女漫画の実写化ということで、プレッシャーは感じますか? また工夫していることを教えてください。

どうしても人が演じる時点で漫画ではなくなってしまうので、そこには違いが生まれていると思うんです。そこを埋めることは難しいことで、もちろん原作通りに見せないといけないし見せたいとも思っているんですが、ただそこにとらわれすぎないようにしています。なるべく気楽にというか。結局、台本が全てなので、そこに原作と通じているものがあれば一番いいと思っていますね。もちろん、僕自身も原作に合わせられる部分はちゃんと合わせていきたいです。

――加賀屋のような男性に引かれていく鹿子の気持ちは理解できますか?

人って、全てをさらけ出している人よりも、20%くらいしか本音を出さない人の方が「もっと知りたい」と思われやすいと思いますね。鹿子の場合も、加賀屋に対して最初は「ふてぶてしいな」とか「ちょっと嫌だなこの人」ってマイナスからのスタートだったから、ちょっとした加賀屋の言葉や気遣いがすごくプラスになるわけです。だから、そういう意味でいうと、後半戦は加賀屋のポイントアップも期待できるかも(笑)。話が進んでいけばいくほど、加賀屋がどういう考えを持っていて、本当はどういう人なのかというのが分かっていくから、見ている人も加賀屋の人間性に引かれていくんじゃないかなと思います。加賀屋は、本当に最後人間らしくなっていくんです。その人間らしさを鹿子が引き出していく様子も見どころの一つです。

――ミステリアスな加賀屋、近くで見守ってくれる望月。どちらが魅力的だと思いますか?

極論で言うと、絶対加賀屋(笑)。望月は望月で安定した愛情があると思うんですけど、加賀屋みたいな人には必ず根っこに優しさがあって、非常に人間らしいんですよ。だから、絶対全員が加賀屋を選ぶと思うんですよね。人って絶対、何かしらの刺激に引かれると思うし、常に「おいでおいで」っていう人よりも、時々「あ、ちょっと今はごめん」っていう人の方が気になると思うので。それは加賀屋の過去の傷がそうさせている部分があると思うので、それが消えた時に加賀屋の魅力がどうなるかっていうのは気になりますね。

――ではドラマが終わってから、周りの意見も変わるかもしれませんね。

変わりそうですね。それこそ、望月と加賀屋の純粋度がイコールになるかも! ドラマを見続けていけば、全く最初と違う加賀屋が見れますよ(笑)。バズってくれるといいなぁ(笑)。

――お気に入りのシーンを教えてください。

第2話でホテルのシーンがあるんですけど、そこで鹿子が少し酔って、加賀屋に対して初めて面と向かって口を開くんです。その時の彼女の何とも言えない色っぽさと少女らしいつぶらな瞳と、挑戦的な姿が、すごくドキドキさせられるんですよ。普段、「ああ、どうしよう」ってなっている子が、いきなりガラリと変わる瞬間、すごく好きです。

「文学処女なめんな」っていう鹿子のせりふがあるんですが、そこもすごく好き。「本と恋愛している自分の感情をなめんな」という鹿子の芯の強さ、強く握ったこぶしのようなものが見えるんです。

――最後にドラマの見どころをお願いします!

少女漫画でしか描けないキュンキュンや、誰もが心躍る瞬間っていうものがたくさんちりばめられているドラマです。しっかりとした土台の物語があるので、見れば見るほどキャラクターたちがすごく愛おしくなっていくし、ロマンチックなシーンとリアリティーのあるシーンがすごくいいバランスになっています。その中に、鹿子のファンタジックでセクシーなシーンもスパイス的に入ってくるので、笑って感動してキュンキュンする、そんないろんな感情を引き出してくれると思います。

ぜひ楽しみに見ていただければと思います!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161762/

あなたにおすすめ