新型スバル・フォレスター(北米・中国モデル)のOEタイヤにファルケンの「ZIEX ZE001 A/S」が選定

clicccar

2018/9/12 06:03


新型SUBARUフォレスター(北米・中国モデル)のOEタイヤ(新車装着タイヤ)として、住友ゴム工業の「FALKEN(ファルケン) ZIEX ZE001 A/S」が選定されました。このタイヤは、同モデルの性能を最大限に発揮させるタイヤとして開発されたオールシーズンタイヤ。サイズは225/55R18 98Hです。

非対称パターンの採用により左右の剛性を最適化することで、新型フォレスターが求める高い走破性はもちろん、操縦安定性と乗り心地を高次元でバランスさせたとしています。

なお、新車に装着されるOEタイヤ(新車装着タイヤ)は、一部のスポーツカーなどの車種で単一ブランドというケースもありますが、複数の銘柄が用意される車種が多くなっています。フォレスターにも以前お伝えしたように、ブリヂストンも「DUELER(デューラー) H/P SPORT」と「ECOPIA H/L422 plus」を納入しています。

※写真の新型フォレスターはイメージで、同OEタイヤとの関連はありません。

(塚田勝弘)

※記事初出時、フォレスターの北米・中国モデルに限ってのニュースであることが記載漏れしていました。誤解を招く表現でご迷惑をおかけいたしました。

【関連記事】

一般道でも実感できた乗り心地の良さと新車装着タイヤは?
https://clicccar.com/2018/08/31/622924/

あなたにおすすめ