“ゴミ清掃員芸人”著書に注文殺到 マシンガンズ滝沢「知れば知るほど奥が深い」

 お笑いコンビ「マシンガンズ」の滝沢秀一(41)の著書に書店からの注文が殺到している。10日発売の「このゴミは収集できません ゴミ清掃員が見たあり得ない光景」(白夜書房)。滝沢はお笑い芸人でありながら「本業はゴミ清掃員です」という異色の経歴。「このゴミは…」は清掃員の仕事を通じて見てきた光景を書籍にまとめたもので、大手通販サイト「amazon」では初日に完売。出版社は早くも重版を検討しているという。

 昨年夏頃に“ゴミ清掃員あるある”として自身の経験をツイッターに投稿。すると事務所の先輩有吉弘行(44)の目に留まり、話題になって書籍化が決まった。「春はケムシが天敵」「秋はスズメバチが恐怖。八つ当たりのように追いかけてくる」「テンガをペットボトルで捨てるな!これは可燃ゴミだ」などの“あるある”をイラスト付きでまとめたほか、エッセーも収録。身近なゴミから見えるさまざまな物語を鋭い視点とユーモアでつづる内容が読者の心をつかんでいる。

 ゴミ清掃員の仕事は6年目で、16年からは正社員として働く。「知れば知るほど奥が深い仕事だなと思うんですよ。このままこの仕事にドップリ漬かります」と“本業”への思いをのぞかせる。一方で芸人活動を通じて「ゴミという誰もが関わる物をきっかけに、何かを発信したい」とゴミ清掃員と芸人の“二刀流”を目指している。

 ◆滝沢 秀一(たきざわ・しゅういち)1976年(昭51)9月14日生まれ、東京都出身の41歳。98年に相方・西堀亮(43)と「マシンガンズ」を結成。07、08年に「M―1グランプリ」で準決勝進出。11年には「マシンガンズ」名義で著書「女はみんな同じ教科書を読んでいる。」を出版。14年には滝沢名義でホラー小説「かごめかごめ」を出版。1メートル69。血液型AB。

あなたにおすすめ