「世界で最も美しい顔100人」ランキングの価値、実はないも同然?

wezzy

2018/9/11 23:45


 毎年末に発表される「世界で最も美しい顔100人」。今年の候補者に日本人モデルのNiki(21)が選ばれた、と「週刊新潮」(新潮社)が伝えている。Nikiは2016年に恋愛リアリティー番組『TERRACE HOUSE』(フジテレビ系)、通称テラハに出演。テラハ史上№1美女として話題になり、また今年2月にはジャニーズ事務所所属の山下智久(33)こと山Pとの恋の噂もあった女性である……って、いやNikiが選ばれたということについては、まぁここではいったん置いておくとしよう。そんなことよりなにより、筆者が今回言いたいのは「このランキングってそもそもいったいなんなんだ」「毎年毎年ここまで話題にするほど権威あるものなのだろうか」ということなのである。

過去には女優の石原さとみ(31)や、小松菜奈(22)、桐谷美玲(28)、佐々木希(30)などがランキング100位以内に入るなどして話題を呼んだ「世界で最も美しい顔100人」。2013年からは「ハンサムな顔」として男性版のランキングも作られるようになり、そちらには岩田剛典(29)、赤西仁(34)、山崎賢人(24)らの名前がある。

ランキングが発表されるたびに大々的に記事になるという日本国内での持ち上げ方からすると、さぞかし権威ある“賞”であるかのように思えるのだが……。すでにご存知の方も多いと思われるが、実はこのランキングはものすごく個人的な、一人の男性の主観によるものなのである。

「世界で最も美しい顔100人」ランキングを作っているのは、アメリカの映画評論家でTC Candlerという男性。彼が運営する個人の映画レビューサイトとして「TC Candler.com」なるものがあり、「世界で最も美しい顔100人」はこの個人サイトで毎年発表されているランキングなのだ。同サイトにはこのランキングは、「人気投票ではない」「とても主観的」「世論を反映するのではなく、逆に世論に影響を与えていくことを目的とする」と明記されており、誰をランク入りさせるかははまずサイト閲覧者から寄せられた提案(投票ではなく、あくまで提案だ)をもとにして、TC Candlerが主観で決定する仕組みとなっているという。

つまりこれは……「今年も俺様好みの顔を発表しちゃうもんね~」という、例えるなら飲み屋で機嫌よく飲んでる際に発したおっさんの戯言がランキング化されたものであるということ。さらにはこのTC Candlerさんという方、映画評論家としてのさしたる経歴もなく、ひょっとすると単なる映画好きの一般人ではないか? という噂も飛んでいるようだ。映画関連の著書などを出版した実績もないようである。

実際、2016年からは映画のレビューを掲載することさえやめていて、現在は「世界で最も美しい顔100人」の運営に全力を注いでいるのかもしれない。それだけではなく、最初は純粋に「俺好みの顔」の発表だったものが、近年ではタレントやモデルのプロダクションサイドからの付け届けのありなしでランキングが大いに左右されているというキナ臭い噂も出ているというから、このランキングが何の参考にもならないことがよくわかる。

おそらく今後も「世界で最も美しい顔100人」の発表は続いていくのだろうが、日本で発表された際には「これは単なるひとりのアメリカ人のおじさんの好みを大げさに発表したもの」であるということを頭の片隅に置いてから、ランキングを眺めたほうがよさそうだ。「え~、TC Candler氏とはどうも趣味合わないわぁ~」や「うん、わかるわかる。おじさん、いい趣味してるねぇ!」程度のお気楽な気持ちで。

(エリザベス松本)

あなたにおすすめ