結婚後もラブラブ!「セックスレス」とは無縁でいるコツ4つ




みなさんはパートナーと気軽にセックスについて話し合える仲ですか? 筆者は、友人の放った「離婚の理由なんてだいたいがお金かセックスよ!」という一言を聞いて、パートナーシップにおける「セックス」の重要さについて考えさせられました。
筆者の住むアメリカでは、セックスの頻度は離婚にも繋がります。ハリウッドセレブの中には、婚前契約で「週に4回セックスする」ということまで約束したカップルもいたのだそう……。
日本ではセックスレスに悩むカップルも多いそうですが、セックスレスと無縁なカップルは、その状態をキープするためにどう努力しているのでしょう?

そもそもセックスレスの定義とは?

そもそもセックスレスとは、カップルが「1か月以上」セックスしていないことを指すのだそうです。たったの「1か月」で? と思いませんか?
1か月なんて、あっという間に過ぎてしまうと思いがちですが、既婚のカップルで毎日一緒にいるにも関わらず、お互い性的なことに無関心なのは、もしかしたらちょっとまずいのかもしれません。

セックスレスと無縁でいるコツ

女であること、男であることを忘れない



結婚してしばらくたつと、恋人気分が抜け「家族」となってしまうカップルが多いと思います。そんな中、結婚してからもラブラブな夫婦は、お互いが家族である前に異性であることを大切にしています。お互いがまず男女であるということを意識することが、セックスレスを遠ざけるコツかもしれません。
子どもができてからも旦那さんとイチャイチャしていますか? 男性は女性に求められたい人が意外と多いですよ。いつも待つだけではなく、たまには自分から誘ってみましょう。

女性らしさを大切にする

ずっとラブラブなカップルは、女性に美しい方が多い印象があります。とりわけ美人ではなくても、身なりを整えることを意識しているかどうかが大切。
そして歳を重ねるごとに色気が増しているようです。結婚するとやはり生活感が出てしまいがちですが、下着にも気を使い、ムダ毛の処理やヘアやメイクもきちんと整えることを日々、意識してみませんか?
忙しくて余裕がないときこそ、キチっとしてみる。そういう日常のちょっとしたことを気をつけることで、パートナーのあなたを見る目が変わるかもしれません。大人の女性だからこそ作れる色気のある雰囲気を大切にしましょう。

時々二人きりでデートをする



たまには、二人でデートをすることも大切です。お洒落をして、綺麗にメイクをしてお出かけしてみませんか? 出会ったころをいつまでも忘れないよう、1か月に一度はデートをする日を作るといいかもしれません。ちょっとお洒落なレストランでディナーしてワインを楽しめば盛り上がるはず。
お子さんがいる方も、両親に預かってもらったり、ベビーシッターを雇う、もしくはご近所さんに少しの間だけ預かってもらうなどして工夫してみましょう。両親がラブラブなことは子どもにとってもよい影響を与えます。人に迷惑をかけるなどと思わずに、たまには頼れる人に甘えてみましょう!

エッチなビデオを観て盛り上がってみる

二人の気分を盛り上げるためにも、映画を観る感覚でパートナーと一緒に少しエッチな動画などを観てみませんか?
どんなセックスなら楽しめるのか……お互いがそのときに欲しているものを学べるかもしれません。マンネリ化しないためにも、二人で今後もセックスを楽しめるように工夫してみませんか?

まとめ

セックスは愛し合う者同士にとって欠かせないコミュニケーションの一つです。恥ずかしいことではなく、とても愛のある行為だと思います。
結婚後もラブラブな仲を継続するためにも、大切なパートナーとお互い求め合うことの大切さについて考えてみませんか?

あなたにおすすめ