ゲス極・川谷絵音、店員に言われた言葉を明かし反響「強く生きて」

E-TALENTBANK

2018/9/11 20:40


ゲスの極み乙女。・indigo la Endの川谷絵音が10日、自身のTwitterに投稿した内容が反響を呼んでいる。

川谷は、自身のTwitterアカウントに「終電間際に高確率で現れる駅の改札で喧嘩してるカップルを眺めていたら、別のカップルの自撮りに写り込んでしまった川谷絵音。」として、続けて「っていう想像。」と連投した。

その後、「店員さん『川谷絵音さんに似てるって言われませんか?』 俺『え?そうですか?』 店員さん『あっ、、気を悪くさせたらすみません!』 俺『…』」と投稿し、「っていうリアル。」と本当にあった出来事だと明かした。

この投稿に「強く生きてください」「店員さんの謎の気遣いが大ダメージ」「気を悪くしてるじゃんwwwwwwwww」「逆に知名度が高いってことでポジティブにいきましょ!!」「リアルかい笑笑」「切ない…」など様々なコメントを寄せており、大きな反響を呼んだ。

さらに本日、川谷は再びTwitterを更新すると、「自虐ツイートがバズった後は、ツイッタラーとしての自分は歓喜し、アーティストとしての自分は枕を濡らします。」と、心境を吐露している。

ゲスの極み乙女。は9月14日より、全国ツアー『ゲスなのか、タコなのか』を開催。北海道を皮切りに10月26日の東京公演まで巡るという。

あなたにおすすめ