『この世界の片隅に』終戦時の松本穂香の迫真の長ゼリフ、戦争めぐる議論沸き起こる


 松本穂香が主演を務める連続テレビドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)の第8話が9月9日に放送され、平均視聴率は前回より1.1ポイントアップして10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。第1話と並んで自己最高タイを記録し、V字回復の兆しがみえてきたなか、いよいよ次回は最終回を迎える。

先週話で、広島の方角で大きなキノコ雲があがっているのを目的した北條すず(松本)たちは、広島に新型爆弾が投下されたことを知る。すずは、広島に物資を届けにいく人たちに家族の安否を確認してもらうようにお願いするも、混乱のなかでそれを確認することはできなかったと言われる。

そして第8話では、畑仕事をしていたすずたちの元に、空から文章が書かれた紙が大量に降ってくる。そこには「降参しろ」という旨が綴られていた。それを知ったすずは「冗談じゃない、何が降参じゃ! バカにしくさって!」と憤慨。その後、近所の人たちと一緒に集まり、北條家で天皇の肉声が放送される玉音放送を聞くと、それは「戦争が終わった」ことの知らせであった。

実感がないまま戦争が終わったことを理解したすずの義母・北條サン(伊藤蘭)は「はぁ、やっぱり(負けたか)……」と呆然。この事実をどう受け止めていいかわからない面々は、ガックリと肩の力が抜けるものの、どことなく安堵の表情を浮かべているようにも見えた。

ただ、すずだけが「なんで? なんで?」と納得いかない様子で「そんな、そんな覚悟の上じゃないんかね? そうじゃろ? 最後のひとりまで戦うんじゃなかったんかね? そうじゃろ? そう言うとったじゃろ? 違うんか? 戦えるじゃろ、まだ。今じゃってここにこんだけおるのに! こんなに生きとるのに! まだ左手も両足も残っとるのに、戦えるじゃろ、まだ。そうじゃろ? だって、だって……」と悔しさを滲ませた。

戦争で右手を失ったすずは、兄の浦野要一(大内田悠平)を戦地で亡くし、幼馴染の水原哲(村上虹郎)も奪われてしまっている。さらに妹のようにかわいがっていた義姉・黒村径子(尾野真千子)の娘である黒村晴美(稲垣来泉)も一緒に居るときに死なせてしまっており、こんなにも自分から多くのものを奪っておきながら、「戦争に負けました。はい終わりです」というには、失ったものが大きすぎたのだろう。

このシーンを受けて、インターネット上では「誰も消せない怒りの炎が、すずさんの心に立ち上ったように見えた」「戦争が終わったからといって失ったものは返ってくるわけでもなく、納得できない気持ちがそこにいる皆の代表でもあるようで、悔しさが印象的でした」「すずも、周囲の人々も、皆善良で優しい。でも、誰も戦争に反対しなかった。すずの怒りは、そんな自分達にも向けられているのかもしれない」などの声が上がっていた。

その後、広島から来たと思われる人物が道端で死に果てているのが見つかるが、顔がぐちゃぐちゃで誰なのかもわからない。しかし、それは隣に住む刈谷タキ(木野花)の息子で、刈谷幸子(伊藤沙莉)の兄だったということが、あとからわかった。

一方、広島の家族の身を案じていたすずの元に、妹の浦野すみ(久保田紗友)から手紙が届く。祖母の家の住所になっていたことで、無事に避難していることがわかり一安心したすずだったが、肝心の手紙の内容は雨に濡れていて、まったく読めなかった。そして、予告ではすみが布団に横たわっている姿と、すずが祖母と抱き合うシーンが放送されていた。

戦争は終わりを告げたが、生き残った人たちには、これからもまだ苦しい生活が残っている。それを最終回でどのように描いていくのか。そして、現代パートはどのような結末を迎えるのだろうか。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

あなたにおすすめ