渡辺謙『王様と私』ロンドン公演に吉高由里子、近藤春菜、高橋光臣が集結

渡辺謙主演ミュージカル『王様と私(The King and I)』のロンドン公演でキャストに大沢たかおが加わった。7月3日より本公演が始まると、好評につき予定を9月29日まで延長する人気ぶりだ。そんななか渡辺謙が9月11日にSNSで楽屋での集合写真を公開した。

彼が「俊斎、お虎、そしてハナコと中園ファミリー来訪の楽屋です」と投稿した1枚は、楽屋の暖簾をバックに近藤春菜、吉高由里子、高橋光臣と納まるフォーショットだ。

渡辺謙はNHK大河ドラマ『西郷どん』の前半で第11代薩摩藩主・島津斉彬役を務めており、高橋光臣は主人公・西郷吉之助(鈴木亮平)と幼馴染の薩摩藩士・海江田武次役、近藤春菜は京で薩摩藩が定宿とする鍵屋の仲居・虎役で出演している。

吉高由里子がヒロイン役を務めたNHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年)と『西郷どん』の脚本家は中園ミホが担当しているので「中園ファミリー」というわけだ。

また、『花子とアン』で吉高演じる花子の夫・村岡英治役は鈴木亮平が務め、近藤春菜も花子(はな)が女学生時代に入った寄宿舎の先輩・白鳥かをる子役で共演している。

そのような関係から渡辺は「おそらく亮平君、ジェラスな写真だと」とつぶやきながら、「鈴木、最後まで西郷どん頑張れ」と激励するのだった。

ちなみに高橋光臣は11日にブログで『西郷どん』のリハーサルで渡辺謙から「お前来るのか?」と言われ、何のことか分からず咄嗟に「行きます!!」と答えたことで「ロンドンまで『The King&I』を観にきました」と明かしている。

しかもひとりでロンドンに来て、ひとりで劇場に入りシートに座っていたところ「隣の人達が凄いこちらを見てくるので、ふと横をみたら…」「なんと隣の席に吉高由里子ちゃん! そしてその隣に近藤春菜ちゃんッッ!!」と気づいたのだからすごい偶然だろう。

画像1枚目は『渡辺謙 2018年9月11日付Twitter「俊斎、お虎、そしてハナコと中園ファミリー来訪の楽屋です。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ