【週末アニメ映画ランキング】「君の膵臓をたべたい」大ヒット記念舞台挨拶を実施

アニメハック

2018/9/11 19:00

(C) 住野よる/双葉社 (C) 君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
 9月8日~9日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。アニメ作品のトップ10ランクインは、8位の「インクレディブル・ファミリー」のみで、累計興収は46億円を突破した。

前週10位スタートを切った「君の膵臓をたべたい」は12位に後退したが、8日に大ヒットを記念した舞台挨拶が川崎チネチッタで行われ、声優を努めた高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、牛嶋新一郎監督、さらにオープニングテーマ・劇中歌・主題歌を手がけたsumikaのメンバーが登壇。それぞれ作品に対する思いなどを語った。

首位は新作「MEG ザ・モンスター」が獲得。2週連続首位だった「検察側の罪人」は2位で、3位には「銀魂2 掟は破るためにこそある」が続いた。「アントマン&ワスプ」は4位で、5位の「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」は累計興収が86億円を突破。松浦だるまの同名人気コミックを、土屋太鳳と芳根京子のダブル主演で実写映画化した新作「累 かさね」は9位スタートとなった。

なお、8月25日より公開中の「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」が好評により、9月下旬から拡大上映され、追加上映劇場での入場者プレゼントも決定した。

あなたにおすすめ