『仮面ライダージオウ』変身ポーズをソウゴとゲイツがレクチャー


現在放送中の特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』より、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウと明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツが変身ポーズをレクチャーする変身講座「ジオウ編」と「ゲイツ編」が、YouTubeにて公開スタートした。

「ジオウ編」では、ジオウに加え「仮面ライダージオウ ビルドアーマー」、「ゲイツ編」ではゲイツに加え「仮面ライダーゲイツ ゴーストアーマー」への変身も披露。9月9日に公開されたEP02「ベストマッチ2017」のシーンも盛り込まれ、それぞれのフォームの活躍を見ることができる。

変身には、それぞれの変身アイテム「ジオウライドウォッチ」「ゲイツライドウォッチ」を回して「時計モード」からライダーの顔になるようにし、ボタンを押す。その「ライドウォッチ」を変身ベルト「ジクウドライバー」の右側にセットする。そしてベルト上部にあるロックを解除。ベルトを360度回転させて「ライダータイム」、つまり変身となる。ベルトを回転させる動きにそれぞれのライダーの特徴が出ているので、動画をじっくり見て参考にしてもらいたい。

また「アーマータイム」も同じ手順で、「ビルドライドウォッチ」「ゴーストライドウォッチ」をライダーの顔になるように回して起動し、「ジクウドライバー」の左側にセット。ベルト上部にあるロックを解除してベルトを360度回転させることで変身する。そして必殺技は、「ジオウ(またはゲイツ)ライドウォッチ」から「ビルド(またはゴースト)ライドウォッチ」の順番でボタンを押し、ベルト上部ボタンを押してロックを解除し360度回転させることで発動する。
○ゲイツ編

なお、なりきり遊びが楽しめる「DX」シリーズの変身ベルト「DXジクウドライバー」は子ども向けサイズ。そのため大人ファンには、プレミアムバンダイで販売されている「延長ベルト 変身ベルトDXシリーズ用」(1,080円/税込)がベルトの胴回りを約20cm延長でき、連結も可能なのでオススメである。

あなたにおすすめ