高橋一生、“変わり者”役と共通点「僕は話が長いんです(笑)」


俳優の高橋一生がこのほど、都内のスタジオで、カンテレ・フジテレビ系主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』(10月9日スタート、毎週火曜21:00~)の取材に応じ、今回演じる“変わり者”という役柄との共通点を明かした。

高橋演じる生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝の日常を描く同ドラマ。一輝は、興味のあることや好きなことには集中力が高く、気になることは徹底的に調べたり研究したりする一方、不得意なものは先送りにする癖があり、時間やルールを守ることができない男。自分が無関心な話になるとすぐに熱が冷めてしまうため、人の話を聞かなかったり、空気を読むことができず、悪気なく失言してしまったりすることも少なくないというキャラクターだ。

この役柄について、「僕も没入してしまうほうなので、役を役として見られないんです」という高橋。「NHKで『人類誕生』という番組のナビゲーターをやらせていただいたんですが、もともと生き物の不思議にはとても興味があったんです。ただ、自分を役に投影しすぎてしまうと僕になってしまうので(笑)、自分に似ている部分があったとしても、差異をつけていくというバランスは、意識していますね」と語る。

また、「僕は話が長いんです(笑)」「友人と遊ぶ日に仕事が入って、約束を破ってしまうこともあります」と、今回の役柄と共通する性格もあるそう。それだけに、「一輝がどんなにイライラされようと、自分だけは、かばってあげられる人間にしていくことが、すごく大事だと思います」と、役づくりへの意識を話した。

今作が民放のゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演だが、「これまで通りです。ここで浮足立ってしまってもしょうがないですし、今までどおりお芝居に向き合っていくというスタイルは変えてないので」というスタンス。「どの現場もそうですけれど、スタッフの方々がおもしろいと思ってくれるのが一番です。それが拡大していって、見てくれるお客さんに届くと思うので」と、スタッフを信頼していく姿勢を示した。

ただ、「いつもは、監督と並んで俯瞰(ふかん)で作品を見るようにしているんですが、今回はそういうことができなくて」と、普段とは臨み方が異なるそう。その理由を「一輝という人間でしか、ものが見れなくなってしまう(脚)本なんです。相河一輝という人間を演じさせていただくことに、ものすごく集中しています」と明かし、「なにかダイナミズムがあったり、ものすごい特殊能力があったりするわけじゃないんですけれど、内包しているものが無二なんです」と、強烈キャラクターの魅力を熱弁していた。

あなたにおすすめ