想像を絶する…あなたがやってしまった「誤送LINE」を聞いてみた




毎日のように使っているLINE。使い慣れていると、つい油断をしてしまうこともありますよね。時には、送る相手を間違えてLINEを誤送してしまうことも。送った内容や、送った相手との関係性によっては、大事となりかねない誤送LINE。
ここでは、「あなたがやってしまった誤送LINE」を聞いてみました。

やってしまった「誤送LINE」

彼氏に誤送: 「もう別れようかな~」



「友達に恋愛相談をするつもりで、『彼と話が合わないし一緒にいてもつまらない! もう別れようかな』って送ったら、間違えて彼氏に送っていた……。彼から『わかった、別れよう』って返事がきて初めて気づいて。今考えても申し訳ない……」(20代/学生)

▽ 友達に送った彼氏の愚痴や、恋愛相談をまさかの彼氏本人に送ってしまうという誤送LINE。送ったほうもヒヤヒヤしますが、受け取った彼氏も心にダメージを負ってしまいそうです。彼氏のことを考えながら送ってしまったため、間違えて宛先を彼氏にしてしまったそう。

上司に誤送: 「今日は麻婆豆腐だよ」



「同棲中の彼が仕事から帰ってくる時間帯に『今日は麻婆豆腐作ったよ~』って送ったつもりが、間違えて上司に誤送……。どうやって言い訳しようかと考えていたら、上司から『美味しそうだね』って返事がきた。優しい上司でよかった……。いまだにそのことを飲み会でいじられるけど(笑)」(20代/IT)

▽ 恋人同士で送り合うLINEは、ラブラブモード全開だという人もいるでしょう。愛の言葉はもちろん、ハートや可愛いスタンプなどを使っている人もいるのではないでしょうか。
ふたりだけのコミュニケーションのとり方を、他の人に知られてしまうのは恥ずかしいものです。会社の上司であればなおさらですよね……。恥ずかしさのあまり穴に入りたくなったそうです。

家族に誤送: 彼氏とのラブラブショット

「旅行中に一緒に撮ったラブラブ写真を彼氏に送ったつもりが、家族のグループLINEに間違えて送信。キスショットだったり浴衣姿だったりと、きわどい写真がいっぱいあって、恥ずかしい気持ちでいっぱい……。家族の誰も触れてこなくてスルーされるのがまたツラかった……」(30代/看護士)

▽ ふたりで撮ったラブラブ写真を誤送。それも、家族のグループLINEに送ってしまったそうです。ふたりの甘い時間や思い出を共有するのはいいですが、送る相手を間違えるなんてヒヤヒヤもの。
まして、家族に送ってしまったら恥ずかしい以外の何者でもないですよね。けれどせめてツッコミを入れてほしいものです……。

好きな人に誤送: 「実は○○くんのことが気になるんだ~」

「わざと誤送したことならある! 友達に相談している風をよそおって、気になる男の子に『実は○○くんのことが気になってるんだ』とか『すごくかっこいい!』って書いた文面を送った。そのあとすぐに『ごめん、間違えちゃった! 恥ずかしい!』って送ったけど、その誤送のおかげで彼も意識してくれたみたいで付き合えることになった」(20代/PR)

▽ 間違って送るのではなく、なかにはわざと「誤送」と偽って気になる人にLINEを送る人もいました。誤送LINEは主に、「気になっているんだ」「かっこよかった」など相手を意識させるもの。
誤送を装うことで「もしかして俺のこと……」とソワソワさせるそうです。策士ですね!

あなたにおすすめ