「洋服が裏表でも気にしない!」 フィロソフィーのダンス・十束のびっくりな哲学

TOKYO FM+

2018/9/11 17:00

さまざまな分野で活躍する人たちが月替わりでパーソナリティを担当する、新放送サービスi-dioのチャンネル「TS ONE」で放送の番組「TS ONE UNITED」。9月は、「フィロソフィーのダンスのストップ・メイキング・センス」をお届けしています。コンテンポラリーなダンスミュージックと、哲学的な歌詞が特徴的な4人組アイドルグループ・フィロソフィーのダンスが、レギュラーラジオ番組に初挑戦しました。



まずはグループ名の“フィロソフィー”にちなみ、メンバーが持っている哲学やポリシーを紹介。その第一回では、十束おとはが「私のフィロソフィー」を発表しました。

『私のフィロソフィーは「細かいことは気にしない」です。
この現代社会には、生きているとちっちゃいストレスからおっきなストレスまでいっぱいあるじゃないですか。でも全部真に受けているとしんどくなっちゃう。なので例えば電車が遅れていたら「今日は神様が“ゆっくりしろ”って言っているのかな」って思ったり、嫌なことを言われたら「この人とは哲学が合わないな」って思ってみたりとか。あと洋服の裏表を間違えても、そんなに大きなことではないので気にしない。靴紐がほどけても気にしない。何事も気にしないで自由に生きていったほうが、人生楽なのではないかな』

前半は頷きながら聞いていたメンバーでしたが、後半については「洋服の裏表は気にしたほうがいいんじゃない!?」とのツッコミが。実は十束は、普段から洋服を裏表や前後逆に着ていることがあるそうで、メンバーが指摘しても「あ~気づかなかった! 家からこれだ~! ま、いっか」と言って直さないのだとか。「そのほうが人生楽に生きていけるのでは? ということで。アイドルになってからは、わりとさらに細かいことは気にしないでどんどんポジティブになっていって、生きるのが結構楽しくなってきました」と十束。最終的には「鈍感に生きたほうが長生きするという説もある。私たちは50年先も60年先もアイドルでいようって決めたから、鈍感力を時々気にして長生きしよう!」という話でまとまっていました。

続いては、「夏の終わりに聴きたい切ない1曲」というテーマで選曲するコーナーへ。今回の担当は奥津マリリと佐藤まりあです。女性シンガーが好きだという奥津と、グループに加入するまではK-POPばかり聴いていたという佐藤の選曲は?

◆奥津マリリの選曲……Chara「タイムマシーン」
『タイムマシーンはこない』っていう歌詞があるんだけど、「この夏は帰ってこないんだな」みたいな。夏の終わりって1年で一番エモい瞬間だと思ってるの。熱い風とか夏の終わりの匂いとかない? そのときにこの曲が流れてきたら、私はボロボロ泣いてしまうと思う。MVも海で撮った映像なんだけど、夏の終わりにぴったりだと思うので、聴いてみてください。

◆佐藤まりあの選曲……Mr.Children「君がいた夏」
単純にこの曲が好きだというのもあるんだけど、歌詞を読むと私の解釈では、何らかの理由で“夏しか会えない二人”、“秋が来たら別々になる”というのがあって。すごく切ないよね。

8月31日に両A面シングル「イッツ・マイ・ターン/ライブ・ライフ」をリリースしたフィロソフィーのダンス。10月27日には東京キネマ倶楽部でSCOOBIE DOとのツーマンライブ、12月16日からは東京・品川ステラボールでのバンドセットワンマンライブを皮切りに、初の全国ツアーの開催します。詳細はオフィシャルサイト(http://danceforphilosophy.com/)や公式ツイッターでご確認ください。

【TS ONEの視聴方法】
お持ちのスマートフォンまたはパソコンに、「TS ONE」の視聴専用アプリ『TS PLAY by i-dio』(無料)をダウンロードし、インストールすることでお楽しみいただけます。
★ダウンロードはこちら → http://tsplay.tokyosmart.jp/

<番組概要>
番組名:TS ONE UNITED「フィロソフィーのダンスのストップ・メイキング・センス」
パーソナリティ:フィロソフィーのダンス
放送時間:(初回放送)月曜22:00-23:00
(リピート放送)水曜22:00-23:00、土曜15:00-16:00、日曜 23:00-24:00
番組Webサイト:http://www.tokyosmart.jp/united

あなたにおすすめ