北島三郎、故郷・北海道の被災者に歌でエール「励ますことができれば…」

AbemaTIMES

2018/9/11 16:14


 歌手の北島三郎(81)や瀬川瑛子(70)らが10日、東京中野サンプラザで開催された「Dream★Hope コンサート2018」に出演した。

今回の公演は、北島、瀬川らが所属するレコード会社・日本クラウンと、松原のぶえ(57)らが所属する徳間ジャパンとの初の合同公演。

 北島は「両レコード会社のアーティスト、歌い手さんが、きょうはずらっと揃いました。長い時間になります。ざっと8時間ほどやりたいなと……」と話し、笑いを誘った。3時間を超える公演には29組・33人が出演し、会場に集まったおよそ2000人を盛り上げた。

 1991年に道民栄誉賞を受賞している北海道出身の北島は、6日に発生した“平成30年北海道胆振東部地震”の被災者に向け、歌での支援を考えているという。北島は「このまま早くおさまってほしい。(地震は)二度と来るな」と訴え、「良くなってきた頃にステージに行って、応援、あるいは慰めることができれば。励ますことができれば、という気持ちです」と力強く話した。

(AbemaTV/『 けやきヒルズ 』より)

【動画】あの動物園も…北海道地震で人気観光地の客が激滅▶︎Abemaビデオはコチラ(一部無料)

あなたにおすすめ