JR北海道、9月中にも運転再開へ 日高線は見通し立たず

Traicy

2018/9/11 16:00

JR北海道は、北海道胆振東部地震の影響によって運転を見合わせている路線の再開見込みを発表した。

宗谷線の音威子府~稚内間は、9月12日から特急列車、同13日から全列車の運転を再開する。石勝線の南千歳~新得間は同14日から特急列車、同17日から全列車の運転を再開する。函館本線は、同13日から小樽~倶知安間、同15日から倶知安~長万部間の運転を再開する。札沼線は、同22日から医療大学から石狩月形間、同29日から石狩月形~新十津川間の運転を再開する。根室線は、同22日から滝川~富良野間、同29日から富良野~東鹿越間の運転を再開する。また、東鹿越から新得間の代行バス輸送も同29日に再開する。釧網線は、同15日から釧路~摩周間、同24日から摩周~網走間の運転を再開する。花咲線は、同14日から釧路~厚岸間、同19日から厚岸~根室間の運転を再開する。富良野線の美瑛~富良野間は同12日から、留萌線の深川~留萌間は同13日から、室蘭線の岩見沢~沼ノ端間は同17日から、石勝支線の新夕張~夕張間は同22日からそれぞれ運転を再開する。なお、9月13日のみ、札幌~帯広・釧路間は、札幌~新夕張間をバス、新夕張~釧路間を列車で2往復運転する。

日高線の苫小牧~鵡川間については、厚真川橋梁などの詳細調査を実施しており、運転再開の見通しは立っていない。

あなたにおすすめ