澤口実歩アナ 読売テレビPR隊長に ド派手ジャケットで「開局60年に花添える」

 読売テレビの入社一年目、澤口実歩アナウンサー(22)が10月からの同局PR隊長に決まり11日、現隊長・中村秀香アナ(23)と引き継ぎ式に参加した。

 7月14日に「NNNストレイトニュース」で“初鳴き”を行ったばかりの新人アナ。大きな花柄の派手なジャケットに赤いスカート姿で登場し、「開局60年という記念の年に花を添える意味を込め、花束に見立てた衣装。明るくフレッシュな隊長に」と意気込んだ。岩手県出身で「普段は無地の服が多い」と告白するも、「これを機に柄ものにも挑戦したい」と派手好きな?ご当地・大阪に身も心も染まる決意を語った。

 昨年10月から1年間隊長を務めた中村アナは、「ヘビを巻いたり、ワニの串カツやコオロギを食べた」と過酷な挑戦を回想。後輩・澤口には、「明るく元気で人なつっこい取りえを生かし、関西の人に親しまれるようになって」と助言した。最後は「PRの“実歩ん”(見本)となるような隊長に」と得意のダジャレでエールを送り、満足げだった。

 澤口アナは10月1日から、同局のPR番組「Let’s Go! みほちゃんねる」を担当する。

あなたにおすすめ