“若きハン・ソロ”抜擢された瞬間の興奮振り返る

スター・ウォーズ」シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロがルークやレイアと出会う前の若き日の姿を描いたいた「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」。10月には先行デジタル配信やMovieNEXの発売が決定したが、このたび、その発売を記念して、MovieNEXやデジタル配信(セル)で楽しめるボーナス・コンテンツの中から、監督&豪華キャストたちが撮影秘話を語るクロストークの一部が解禁となった。

ハン・ソロは、いかにして愛すべき悪党“ハン・ソロ”となったのか――。劣悪な環境を抜け出し銀河一のパイロットを目指す孤独な青年ハン・ソロは、幼なじみの美女キーラと恋に落ちる。しかし、ある出来事によって二人の未来は引き裂かれてしまう。キーラを救うため帝国軍アカデミーに志願したハン・ソロ。やがて彼は生涯の相棒チューバッカと運命的な出会いをする。さらに、腕利きの運び屋であるランド(ドナルド・グローヴァー)自慢の船ミレニアム・ファルコンを巡り、思い切った賭けに打って出る。それぞれの人生に立ち向かう彼らはいつしかチームになり、カリスマ性を持つ謎の男ベケット(ウディ・ハレルソン)のもとで“自由”を手に入れるため危険な強盗ミッションに挑む。果たして彼らは次々と迫る危機をどう乗り切るのか――。

このたび解禁された映像は、監督&豪華キャストたちが撮影秘話を語るクロストークの一部で、ハリウッドの新星オールデン・エアエンライクが若きハン・ソロに抜擢された瞬間の興奮を振り返る。

正式発表までの3か月間、家族以外に配役が決まったことを告げるのは厳禁で、じっとしていられなかったエアエンライクは「1人でビーチをフラフラしていた。ふと思い立ってジェットコースターに乗った」と当時を回想。このエピソードに、ランド役を演じたドナルド・グローヴァーは「オールデンらしい。詩でも書いたか?(笑)」とつっこみを入れると、ベケット役を演じる名優ウディ・ハレルソンも「僕なら『ハン・ソロ役をもらった』と言いふらすね」と大御所ならではのジョークを飛ばした。

唯一祖母だけに話したが、1週間後に祖母から「みんな喜んでる」と報告されたことを明かすと、キャスト一同大爆笑。終始笑いの絶えない、和やかなムードで繰り広げられるクロストークからは、貴重な撮影秘話だけでなく、監督やキャストたちの仲の良さも伝わってくる楽しい映像だ。

今回解禁となった映像のほかにも、ボーナス・コンテンツには製作の舞台裏や未公開シーンまで盛りだくさんの映像を収録。他では見ることのできない貴重な映像ばかりだ。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」は10月3日(水)に先行デジタル配信開始、10月17日(水)にMovieNEX(4,200円/税別)、4K UHD MovieNEX(8,000円/税別)、そして数量限定の4K UHD MovieNEXスチールブック(9,000円/税別)で発売。

あなたにおすすめ