映画『食べる女』公開直前イベント開催!Leolaの歌声がイベントを華やかに彩る!

UtaTen

2018/9/11 12:01



企画&脚本・原作の筒井ともみ、Leola、RIKACOが女性の「食」「美」「恋愛」を語りつくす!


2018年9月21日(金)公開、映画「食べる女」(配給:東映)より、9月10日(月)No Bird(中央区 銀座 7-3-7)にて、筒井ともみ、Leola、そしてスペシャルゲストRIKACOが登壇した公開記念イベントを開催。当日は生憎の天候にも関わらず、会場となったジャズバーには招待されたお客様やには、イベント開始前に食事やドリンクが振る舞われ、タイトルにちなんだ「食べる」ことから始まるイベントとなった。



映画『食べる女』は、小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と今を代表する豪華女優陣の共演が大きな話題となっている作品。筒井ともみ著『食べる女  決定版』(新潮文庫・8月末刊行)の短編集を、筒井自身が脚本化し、<食>と<性>をテーマに“自分を味わいつくす“ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描いている。


2018「食べる女」倶楽部

イベントには、主題歌「Kissing」を担当したLeolaが登場し、パフォーマンスを披露。伸びやかな透き通る歌声に圧倒され会場中がステージにくぎ付け、歌唱後には大きな拍手が起こった。企画&脚本・原作を担当した筒井ともみが登場し、「とても素敵でチャーミングでした」とLeolaの歌声を称賛し「是非、映画の最後に聴いてくださいね」と客席に笑顔を見せた。

映画についてLeolaは、「まず、豪華だなあと!女優陣の豪華さに目がいってしまいました。」と鑑賞前のイメージを述べたうえで、「女性が主役の話って色々ありますが、8人それぞれが全員主役のようなお話は初めてでした。私は特に広瀬アリスさんが演じられていた役と年齢が近いこともあり、彼女の迎えるエンディングにぐっときました。」と作品を振り返える。

また、主題歌は本作のための書下ろしということで、「最初はレコード会社の人と会ったけれど、彼女と話さなきゃ意味ないのよ」といった筒井の言葉もあり、Leolaが実際に曲を作るにあたって筒井と直接話をしたエピソードが語れた。映画が大人の女性に共感されるものであることを意識して、「大人っぽくね」という筒井のリクエスト通り、Leolaは「今までにない大人っぽさに挑戦しました!」と曲について述べた。

そして、本作のテーマでもある「食」に造詣が深く、「自分らしく生きる」女性の代表として、スペシャルゲストのRIKACOが登場。RIKACOは本作の感想を「淡々と日常を描いているんですが、どこか昭和の匂いもあって、懐かしさも感じられる映画で、自然とふと涙が出てくる映画です。色んな年齢のキャストの方がでているので、幅広い方の心に刺さると思います。」とコメント。

イベントはその後も、「料理」「恋愛」についての話に花が咲き、大いに盛り上がることとなった。トーク後にはLeolaのミニライブも開催され、「平成最後の秋を、観たいもの、食べたいもの、そして愛したい人にむけて突き進んでください。」とコメントし、全3曲を歌いあげた。筒井やRIKACOも見守る中行われたミニライブは大いに盛り上がり、大きな拍手に包まれたまま、イベントは幕を閉じた。

いよいよ9/21に公開となる『食べる女』とLeola最新曲「Kissing」。どちらも今を生きる全女性にご賞味いただきたい、まさに“必食”の作品となっている。

作品概要


・映画『食べる女』

2018「食べる女」倶楽部

・公開時期:2018年9月21日(金)
・企画&原作・脚本:筒井ともみ
・監督:生野慈朗
・キャスト:小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平、笠原秀幸、間宮祥太朗、遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE)、PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人
・主題歌:Leola / Kissing
・公式サイト:http://www.taberuonna.jp
2018「食べる女」倶楽部

あなたにおすすめ