ボイメン、芸能界の先輩との関係は? ”パワー系”3人が明かす意外な交流


●パンサー・向井慧の家に無理やり…
東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたエンターテインメント集団・BOYS AND MEN。
2019年1月14日は遂にナゴヤドームでの単独ライブも決定し、波に乗っている彼らが、ヒャダイン作による新曲「炎・天下奪取」を9月12日に発売する。メンバーの水野勝が出演するMBS/TBSドラマイズム『マジで航海してます。~Second Season~』の主題歌としても注目されている同曲は"ボイメン節"炸裂の熱い楽曲となった。

今回メンバーの中から田中俊介、辻本達規、小林豊、本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海の7人がマイナビニュースに初登場! 全4回の短期連載の中で、引き続き辻本・本田・平松に話を聞いていく。

○周りの芸人もビビった

――最近、バラエティとかに出ることも多くなって、お笑いの方と交流したりとかも増えてますよね。

本田:それは辻ですね。パンサーの向井慧さんの家に泊まりにいっちゃったもんね(笑)。

辻本:フジテレビの『潜在能力テスト』(毎週火曜19:57~)で一緒になったとき、向井さんのことを「僕の師匠なんです!」と言って、「やめてくれよ!」みたいなやりとりがあったんです。そのあと、ほかの番組の楽屋で一緒になったときに、「次に出るときのためにも、なにかエピソード作りましょうよ!」と言ったら、向井さんも「そうだなー」と言ってくれて。それで、次にまた『潜在能力テスト』で一緒になったので、収録前に「今日、泊まりに行っていいですか!」と言ってみたんです。でも、僕の方に追加収録があって遅くなってしまったら、向井さんはもう楽屋にいなくて。

――そこからどう泊まりにたどり着いたんですか?

辻本:楽屋にマネージャーさんが残ってたので、向井さんに電話してもらって。そこで初めて連絡先交換させてもらって、その後、僕の携帯から連絡して、もう1回「今日泊まりに行っていいですか」って(笑)。

本田:強すぎるよね。ようやらんわ! そんな(笑)。

平松:嫌われてもおかしくないよね!

辻本:向井さんがそこで「わかったよ、来なよ」って(笑)。

本田:優しいねー。

辻本:「家、行っていいっすか」というときに、「まあ、いいかな」って空気があったので。でも向井さんの家に行ったことがあるのは、向井さんがかわいがってる後輩の方ひとりだけで、泊まりに行ったのは僕くらいだったらしく、けっこう周りの芸人さんがびびってましたね。「あいつ、家とか入れるタイプじゃないんだけど」と。

本田:「どうやって泊まったんだ」と聞かれても、辻ちゃんが詰め続けてただけっていう(笑)。

辻本:でも、4時まで2人で好きなDVDみて、4時から5時までは、修学旅行みたいな感じで話し合ったりしました。

平松:向井さん、ちゃんと楽しそうにしてた?

辻本:「寝るぞ」となった時に、僕が一緒のベッドに入ったら、向井さんからいろいろ話をふってくれたから、そこは大丈夫なはず。

●ナゴヤドームに向けて、「面白い」と思って欲しい
○内藤剛志からのプレゼントも

――本田さんや平松さんはそういう交流はありますか?

本田:僕がレギュラー番組の『スタイルプラス』(東海テレビ 毎週日曜12:00~)でご一緒するのは、ハイパー大先輩ばかりなので、なかなか。内藤剛志さんとか中尾彬さんとか……。

辻本:内藤さんには、誕生日プレゼントもらったりしてたよな。

本田:めっちゃいいマフラーもらいました。

辻本:今度もうちょっと距離詰めてみたら? お前、「ええとこの子」って感じだから、しっくりくるんじゃない?

本田:辻ちゃんと違って、そういう距離感ではないんでね(笑)。

――平松さんはどうですか?

辻本:人んちにもなかなか入ったことないからね。

平松:勝くん(水野勝)ちには泊まったことあるかな。あとは、たむたむ(田村侑久)んちもある。

本田:人んちで寝れないんだよね。

平松:吉原(雅斗)んちと、本ちゃんの実家も行ったよ。普通にリビング入って、猫触って帰ったよ。

本田:ボイメン内の交流ですね。

辻本:ここから始めて、また外の人とも交流してくかもね。
○一つ上がったステージに

――じゃあ、最後に。来年1月14日には、ナゴヤドームでの単独公演もあるわけですが、そこに向けて、みなさんがやっていることを教えてください。

平松:今、「炎・天下奪取」でリリースイベントをしたり、ライブをすることも多くて。そのひとつひとつをめちゃめちゃ全力でやろうとしています。それが大事かなと。

辻本:地道ですけど、ショッピングモールとかでやる、ひとつひとつのイベントを全力でやることが、ドームでの成功への一番の近道だと思うし、コツコツやっていくのが、ボイメンには合ってるんじゃないかと思うので。

本田:とにかくボイメンって楽しいなと思っていただかないと、名古屋ドームには来ていただけないと思うので。今までのリリイベも、もちろん一生懸命だったけど、例えば、単独ライブと同じテンションかというと、どこか違うところがあったと思うんですよ。それをガゴンってリミッター外してやると、お客さんもすごい楽しそうにしてくれる。「こんなに楽しいなら友達誘おうかな」とか、たまたま居合わせた人が、「ボイメンって面白いから、名古屋ドーム行こうかな」と思ってくれるかもしれない。リリイベの盛り上がりも、前より今のほうが、いい感じになってるのかなって思うんですよね。リリイベのときって、通りすがりの人もいるから、単独ライブみたいにファンの方が100%というわけじゃないけど、それでも盛り上げていけるようになってきた。それで一個あがったかなって思います。

●3人がいなかったら「MILD&MEN」に
○パワー系集団を自称

――そういうところが、最初に言われてた「パワー系になった」ということなのかもしれないですね。

辻本:意外とこの3人って、ライブでパワー系です。誰よりも熱いよ。

本田:そうですね。この3人は、パフォーマンスでのパワー系軍団です。運動量多い方の人たち。

辻本:つえーし、体力あるよ。

平松:この3人いなかったら、だいぶマイルド系になるかもね。

本田:「MILD&MEN」になっちゃう(笑)。だから、誰よりもアツい系でいきます。

■BOYS AND MEN
2010年に結成された東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたエンターテイメント集団。現在、東海エリアを中心にテレビ・ラジオのレギュラーを多数持ち幅広く活躍中。歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなす。2015年に愛知県・日本ガイシホールで一万人ライブを敢行、2016年リリース「BOYMEN NINJYA」から「Wanna be!」「YAMATO☆Dancing」「帆を上げろ!」「進化理論」まで5作連続オリコンデイリーチャート1位を獲得。
10月にはディスコグラフィ―映画「BOYS AND MEN~OneFor All, All For One~」が全国公開。さらに、第58回輝く! 日本レコード大賞新人賞、2016アジアミュージックアワード ライジングスター賞を受賞。2017年1月7日には日本武道館にて初となる単独ライブを実施。2月から行われた47都道府県ツアーは無事成功を果たした。2019年1月14日は遂にナゴヤドームでの単独ライブが決定し、東海地方を代表する男性グループとして話題を集めている。

あなたにおすすめ