アフリカ系女性向け美容製品会社「Sundial Brands」のオーナー、リシュリュー・デニスさんの仕事術


敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。

今回はアフリカ系女性のライフスタイルをフィーチャーした雑誌『Essence』とやはりアフリカ系女性を主要ターゲットにした美容製品会社「Sundial Brands」のオーナーであるリシュリュー・デニスさんの仕事術です。

リシュリュー・デニス(Richelieu Dennis)さんは、ファミリービジネスを営んでいます。祖母がシアバターを使った美容製品を西アフリカで製造販売していたことにちなんで、母と妹と一緒に、自社の美容ブランドをSheaMoistureと命名しました。

リシュリューさんは、同社をアフリカ系女性向けに考案されたヘアケア製品とスキンケア製品を販売するSundial Brands社へと成長させました(2017年にUnileverに買収されました)。

さらに、有色人種の女性たちが所有するビジネスに投資する1億ドル規模のファンド会社New Voices Fundも監督しています。

また、今年の初めにアフリカ系アメリカ人女性向けのライフスタイル雑誌『Essence』も買収しました。

そんなリシュリューさんに、文化的ミッションを担うビジネスの構築、家族とビジネス上の決定をする方法、物議を醸した広告への激しい抗議にどのように対処したかを、聞いてみました。

現在の職業:Sundial Brandsの創業者兼CEO兼会長、Essence Venturesの創業者兼会長

居住地:ニューヨーク

現在の携帯端末:iPhoneとiPad

現在のPC:PCは使っていません

仕事の仕方を一言で言うと:年中無休

── まず、略歴と現在の仕事に至るまでの経緯を教えていただけますか?


私は起業家精神にあふれた家庭に生まれたと言えます。祖母はシエラレオネの出身で、1940年代に若くして未亡人になり、西アフリカの田舎の村で女手一つで4人の子どもを育てることになりました。

家計の助けになればと、ナチュラル系スキンケアとヘアケア製品を作って、最初は伝道者や村人たちに売っていました。

個人的な経験と村の商売人としての経験を通して、効能のあるナチュラル系製品は幅広い顧客に売れることを祖母は学びました(後年私に教えてくれたことです)。

私の家族とSundial Brandsは(SheaMoisture、Nubian Heritage、Madam C.J. Walker Beauty Culture、Nyakioを製造販売しています)、この学びを受け継いでいます。

私はリビエラで生まれ育ち、大学に入るためにアメリカに来ました。1991年に大学を卒業したとき、リビエラは内戦状態にあり、私は母国に帰ることができませんでした。

そこで、大学のルームメートだったNyema Tubmanさんと私の母のMary Dennisと共にSundialを開始。クイーンズのアパートに住んでいた祖母のレシピを元にして石鹸を作り、ニューヨーク市内の道端で売って生活費を稼ぎました。

最初は生活のために始めた会社でしたが、世の人々の幸福な生活のお手伝いをするというミッションをベースにして会社を成長させました。実際、我が社はミッションを持つビジネスでなく、ビジネスを持つことがミッションだと思っています。

そのため、我が社の目的である「人々がより美しい生活をする力を提供する」ということが会社として行なうあらゆることの中核にあり、その中核にコミュニティを維持しています。

この目的意識と周囲の人々に力を提供するという意識が「Community Commerce」と呼ばれる目的志向のビジネスモデルにつながっていて、行政・医療制度などのサービスを十分に受けていない人々やコミュニティに永続的な価値を作る機会とリソースへのアクセスを提供しています。

その結果、より強い、自活力のあるコミュニティと企業を作る力となっています。

──最近の1日の流れを教えてください

20180831dennis2
Photo: Sundial Brands

今日はSundialのエグゼクティブチームとのアップデートコールではじまりました。その後は、SheaMoisture、Nubian Heritage、Madam C.J. Walker、Nyakioのブランドミーティングを次々行ない、新しいクリエイティブ、コミュニティの仕事、戦略について議論しました。

昼食は、アフリカ系女性起業家のグループとメンターシップランチでした。

午後は、New Voices Fundのチームとインフラやローンチについてミーティング、代理店と電話数本、この日の締めくくりはEssenceの新ビジョンと戦略について話し合う夕食会でした。

── 「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは?


iPad、Apple Pencil、 Notes Appです。

── 仕事場はどんな感じですか?


どこでも仕事場になりますが、ほとんど車の中で仕事をしています。

── お気に入りの時間節約術やライフハックは何ですか?


母の話に耳を傾けることです。別の道を何度も試してみましたが、結局母のアドバイスに従うことが一番賢明で近道でした。

──仕事場で採用しているプロセスで、興味深いもの、珍しいもの、こだわりがあるものがあれば教えてください


そうですね、ちょっと珍しいプロセスとしては、我が社が新しいことを導入するときの方法でしょうか。

原則として、私たちは、顧客のコミュニティと小売業者からイノベーションのインスピレーションやアイデアを取り入れています(はい。本気で聞く耳を持っているんです)。

フィードバックやリクエスト、自社の研究、薬効や文化的に効果が認められている天然素材の知識に基づいて、どうやって製品にしていくかをイノベーション責任者である妹と私が一緒に考えて決めます。

こうした話し合いは、ボードルームで終わらずに夕食の食卓にまで及ぶこともよくあります(ときには母の仲裁が入ることも)。

でも、最後はどのように進めるか合意に達します。最大限に顧客のコミュニティの役に立ち続け、肌や髪の悩みを抱えた世界中の人々のニーズを満たし続けることが私たちのコアにあるからです。

──Essenceの購入が発表されたとき、2017年のSheaMoisture広告がこのブランドのアフリカ系の顧客基盤を見逃しているという論争が勃発しました。このような出来事が及ぼす長期的影響にどのように対処しますか?

20180831dennis3
WNBCの番組「Positively Black」で
Photo: Sundial Brands

我が社は、起こったことの責任を即刻取ることに全く躊躇しません。何より大切なことは、信頼回復に努めることです。

あの状況から学んだ貴重な教訓は、全社員、特に新採用の社員に、会社のカルチャーをしっかり浸透させることです。この2年で会社の規模はほぼ2倍になったので、成長に伴いチャンスにも課題にも遭遇しています。

教訓を生かして常に向上するよう努めています。

結果的には、この出来事は我が社のためになったと思います。あの後、私と幹部社員たちで複数の都市を訪問し、毎回25人から500人のアフリカ系の女性たちから、あの広告に対する感想だけでなく、彼女たちの生活、コミュニティ、美容の域を超えたニーズについて話を聞きました。

New Voices Fund(有色人種の女性起業家たちへの投資とエンパワーメントを目的として我が社が立ち上げた1億ドル規模のファンドです)の創設を閃いたのは、こうした女性たちから主にどんなことで困っているか聞いたことの直接的な結果です。

我が社は、多くのアフリカ系女性起業家たちが直面しているアクセス、資本、専門知識その他のリソースに関連する問題に取り組みながら、解決策を提供して、彼女たちのビジネスの成長と生き残りを助け、家族とコミュニティを強化することに乗り出しました。

── どんな人たちからどのように仕事を助けてもらっていますか?


すべての人から常に助けられています。これまで達成してきたどんなレベルの成功も、ひとえに、我が社の素晴らしいチーム全員が力を合わせて努力し、決断を下し、コミットし、犠牲を払ってきたおかげです。

本当に全社をあげて頑張っています。

──どのように充電したり休憩していますか?

20180831dennis4
母のメアリー・デニスさんと写真撮影
Photo: Sundial Brands

毎年夏にエグゼクティブ・エデュケーション・プログラムに出ることで充電しています。

学び続けることは、気分転換にも充電にもなります。

それから、常に別のやり方を探していますし、新しい考え方を理解するようにしています。

人間的な向上と有能なリーダーになるためには、不可欠なことです。

──仕事の合間に何をするのが好きですか?


ガーデニングです。

──今、何を読んでいますか? おすすめの本はありますか?


Ben Horowitz著『The Hard Thing About Hard Things』です。

──今日あなたがされたのと同じ質問をしてみたい相手はいますか?


オバマ元大統領です。

──これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください


誰の手柄になるか気にしなければ、この世でできないことはない。

──挑戦中の課題はありますか?


アフリカ系コミュニティにおける富の創造です。

Image: Lifehacker US

Source: Amazon

Nick Douglas – Lifehacker US[原文

あなたにおすすめ