日テレ 2年ぶりのGP帯新番組投入に自信「革命的な改編」

 日本テレビの10月期番組改編説明会が11日、東京・汐留の同局で行われ、この秋の番組改編の骨子を発表した。

 同局は年間視聴率4年連続3冠を続けており、今年1月~8月も3冠を継続している。改編率は全日7・0%、ゴールデン(午後7時から同10時)4・9%、プライム(午後7時から同11時)12・6%。同局は17年10月期、ことし4月期と2期連続で“無改編”(ドラマ、ミニ枠を除く)で、2年ぶりのGP帯での新規番組投入となる。

 数字的にも、同局としては、大きな数字となり、編成局担当局次長兼編成部長の岡部智洋氏は「革命的な改編になっている」と自信を見せた。このタイミングでの改編になったことについて、岡部氏は「潮目を見極めていた」と表現。編成理念としては「生活者ファーストの徹底~ライフスタイルに寄り添うテレビ」と掲げ、「タイムテーブルの“新化と深化”」をテーマに改編を実施。継続的な「視聴率3冠」、さらに「プラチナ帯の制覇」を基本とし、コアターゲット戦略を堅持する。

 改編のポイントは大きく分けて2つ。まずは、GP帯の強化としては木曜午後7時台に新バラエティーを投入する。新番組の投入は2年ぶりとなり、岡部氏は「視聴率向上とフローを強化し、木曜夜の磐石化を図る」と説明した。

 GP帯のドラマ3枠は「企画強化」「話題性のあるキャスティング」「多角的なコンテンツ展開」をテーマに用意。今期は、女優の新垣結衣(30)と俳優の松田龍平(35)がダブル主演するラブストーリー「獣になれない私たち」(水曜後10・00)、「SexyZone」の中島健人(24)が初の刑事役で主演する「ドロ刑―警視庁捜査三課―」(土曜後10・00)、俳優の賀来賢人(29)が主演する学園コメディー「今日から俺は!!」(日曜後10・30)をラインアップした。

 2つ目は平日ベルト帯の番組の強化。夜のニュース番組「NEWS ZERO」は3月末でNHKを退局したフリーの有働由美子アナウンサー(49)をメーンキャスターに据え、大幅にリニューアル。朝の情報番組「ZIP!」は3つを強化。1つは速報・中継・天気などのライブにこだわる番組づくり。2つ目は情報を「より深く、分かりやすく」と追求する。3つ目は「スポーツこそZIP!で」と思わせるスポーツコーナーの新設し、情報の充実を図る。さらに「PON!」の後番組としてスタートする新情報番組「バゲット」(月~木曜前10・25)をスタート。エンタメニュースや役立つ生活情報を伝える内容で、同局の青木源太アナウンサー(35)がMCに就任する。

あなたにおすすめ