【コンチネンタルタイヤ マックス・コンタクト MC6試乗】オールラウンドでマッチングのいいハイパフォーマンスタイヤ

clicccar

2018/9/11 12:05


コンチネンタルタイヤがアジア太平洋地域向けに開発した新作タイヤがマックス・コンタクト MC6です。このタイヤ、なかなかの実力の持ち主、とくに最新のクルマとのマッチングは非常にいいフィーリングでした。

なぜ、アジア太平洋地域向けタイヤが必要なのか? というと、ヨーロッパではアウトバーンに代表されるように連続高速走行が多く、その速度域での性能を最重視します。このマックス・コンタクト MC6もタイヤのスピードレンジ記号はY(300km/h)までとW(270km/h)までと、ヨーロッパのハイスピードでも十分に対応できるものですが、重視されたさまざまな性能がヨーロッパのそれとは異なると思えばいいでしょう。とくに日本はノイズや燃費などを含めた総合性能についてうるさいユーザーが多く、タイヤも厳しい評価が行われる国民性があることが知られています。

今回、テスト車として選んだのはフォルクスワーゲンのアルテオンです。フォルクスワーゲンのフラッグシップセダンなら、マックス・コンタクト MC6のテストベンチとして申し分のないクルマと言っていいでしょう。装着サイズは、標準と同じ245/35R20Y XLです。タイヤ空気圧は250kpaとしました。

装着直後、一般道を走るとしっとりした手応えであることが確認できます。ステアリング操作に対して急な動きは発生しません。最初の走行距離10km程度は「ポンポン」というような打音が目立ちましたが、タイヤが馴れるに従ってその音も消えました。おそらくタイヤのエッジが取れて、滑らかになった効果でしょう。

街乗りレベルの速度域での乗り心地は十分に確保されています。扁平率35%とエアボリュームが少ないサイズでの試乗でしたが、静粛性も含めて十分なレベルを確保していると言えます。連続した「シャー」音などもなく、静粛性は快適レベルだといえるでしょう。乗り心地についても、十分に納得できるものでした。

舞台を高速道路に移しても、その快適性は受け継がれていて、100km/h巡航でもノイズレベルは極端に大きくなるようなことはなく、安定しています。マックス・コンタクト MC6のグルーブ(溝)内には”ノイズ・ブレーカー2.0″と呼ばれる突起が設けられていて、この効果がしっかりとでている感じがします。

高速走行で素晴らしかったのがレーンキープ機構とのマッチングのよさです。微少舵角時にコーナリングフォースの立ち上がりが高いタイヤだと、レーンキープ機構が働いたときに急な動きが発生してしまいます。マックス・コンタクト MC6はこの非常に微少な舵角のときのコーナリングフォースの発生がゆったりとしているので、クルマの動きが急激ではなく、スッスッと車線逸脱を防ぎます。ですので効き過ぎる感じはなく、きれいに車線内にクルマを収めます。

コンチネンタルはタイヤを作っているだけではなく、自動運転技術を含めた各種の運転バイスなども開発、提供するサプライヤーです。レーンチェンジがどのように働くか、といったこともゼロから理解しているので、こうしたきめ細かい動きをするタイヤの開発ができるのでしょう。

高速走行時のノイズもよく抑えられています。標準タイヤと同レベルのノイズですが、ちょっと成分が違って、マックス・コンタクト MC6のほうがノイズが低音系の印象です。これはマックス・コンタクト MC6がブロックが連続しているタイプのパターンだからでしょう。低音系ノイズのほうが体感的には優しく、快適性は高いと言えます。

高速時の乗り心地についても十分なものです。首都高の継ぎ目も上手に吸収し、いなしていきます。コンパウンド(タイヤのゴム)が柔らかく、最初の当たりに柔らかさを感じることができるのが特徴的です。

この柔らかさを生かせるのがコーナリングです。レーンキープ作動時にはゆったりとしたグリップ発生をするマックス・コンタクト MC6ですが、そこから舵角を増していったときのグリップの立ち上がりがよく、グッと手応えが増します。とくに高速でコーナリングするようなコーナリング半径が大きなシチュエーションでは、粘つくようにタイヤが路面をつかみ安定感のあるコーナリングを味わうことができます。クルマがフルロールしている状態からのラインの変更も容易で、自由度の高いドライビングができます。

試乗時、有料道路でゲリラ豪雨に襲われました。視界はおよそ10m(霧ではなく雨でです)。走行抵抗感をしっかり感じるような路面状況(水深)でしたが、グリップが抜けてハイドロプレーニングを起こしているような状況にはなりませんでした。メーター内のESCインジケーターが点灯することもなく、安心感を損なわずにドライビングが可能で、思いがけずにマックス・コンタクト MC6のマルチパーパス性を確認することができました。

アジア太平洋地域をターゲットにして作られたというマックス・コンタクト MC6は、まさに日本の道、気候にマッチしたタイヤという印象を受けました。夏タイヤとしての総合的なパフォーマンスは十分に備えているタイヤと言えるでしょう。レーンキープ機構とのマッチングがよかったのはもちろんですが、レーンキープ機構が働かない状況での直進安定性、センタリングの良さは優れていて、高速移動からワインディングまで広い範囲で、納得の性能を披露してくれました。

販売開始時、マックス・コンタクト MC6のサイズライアンアップは、205/55R16 91Wから295/30R20 101Y XLまで42サイズ。今後、サイズ拡大をしていく予定だといいます。

(文/諸星陽一 写真/Izm・小宮岩男)

あなたにおすすめ