日本テレビ、2年ぶりプライム帯新番組 「得する人損する人」終了で内村光良新番組スタート

モデルプレス

2018/9/11 12:01

【日本テレビ改編説明会/モデルプレス=9月11日】日本テレビが11日、東京・汐留の日本テレビタワーにて10月期番組改編説明会を行った。毎週木曜19時枠の『得する人損する人』が終了し、内村光良が司会をつとめる新番組『THE突破ファイル』(毎週木曜19:00~19:56)がスタートすることを発表した。

◆日本テレビ、2年ぶりプライム帯新番組



2017年10月期、2018年4月期と、2期連続でプライム帯無改編(ドラマ枠・ミニ枠除く)だったが、さらなる視聴率向上と木曜日のプライム帯フロー強化を目的として、新番組を投入。プライム帯の新番組は2年ぶりとなる。

「絶体絶命のピンチを、人はどう乗り越えたのか?」実際に起きた奇跡のような突破劇から知恵と勇気を学ぶ新感覚の実録ドラマ&クイズバラエティー。MCは国民的MCとなった内村とし、“好きな芸人第1位“に輝いたサンドウィッチマンが番組を盛り上げる。

新井秀和プロデューサーは、「新聞に載るような大事件ではない市民の皆様のアイデアがたった事件を紹介する」と説明。「意識するのはお茶の間。内村さんとサンドウィッチマンさんが作り上げる一時の安らぎを与える安心感のある番組を作っていきたい」と語った。

『得する人損する人』はフットボールアワー後藤輝基と羽鳥慎一がタッグを組み、料理・掃除・収納、暮らしと得する情報を届ける情報バラエティ番組。2013年10月より放送されていた。同番組について岡部智洋編成部長は「正直4年連続3冠を大きく支えてくれた立役者。それ以前は苦労した」と視聴率において大きな貢献をしたことを説明。しかし、「今後の2019年2010年を見据える中で、編成を決めました」と新番組を決めたとした。

木曜の番組は、『ぐるぐるナインティナイン』『秘密のケンミンSHOW』『ダウンタウンDX』と続き、「木曜を盤石な曜日にしたい」と話した。

◆日本テレビ10月期番組改編



日本テレビは2018年10月期、「タイムテープルの“新化&深化”」をテーマに改編を実施。継続的な「視聴率3冠」、そして「プラチナ帯の制覇」を基本とし、「コアターゲット」戦力を堅持していく。

プラチナ帯に2年ぶりとなる新番組を投入し、平日ベルト番組の強化。『ZEWS ZERO』はメインキャスター・有働由美子とともに生まれ変わり、「最新NEWSショー」を目指す。

平日の朝昼帯番組をリフレッシュし、フローを強化するために『PON!』を改編し、F1層、F2層に特化した“エンタメ&生活情報番組”に変えていく。

『ZIP!』も月曜と水曜のメインパーソナリティーを一新し、2020年東京オリンピックを見据え、スポーツコーナーを新設。『ZIP!』『ZERO』も「改編と同じ気持ちで」とリニューアルすることを説明した。

改編率は全日7.0%、プライムタイム(19:00~23:00)12.6%、ゴールデンタイム(19:00~22:00)4.9%。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ