Aimer、初のフルオーケストラ・ワンマンライブ「ARIA STRINGS」が待望の映像作品化

E-TALENTBANK

2018/9/11 12:00


一度聞いたら忘れられない、深みのあるハスキーボイスが話題の女性シンガーAimer(エメ)。先週9月5日(水)には、映画『累-かさね-』(9月7日(金)公開・主演:土屋太鳳×芳根京子)主題歌「Black Bird」などを収録した通算15枚目のシングル「Black Bird / Tiny Dancers / 思い出は奇麗で」をリリースし、オリコンデジタルシングルデイリーランキングで初登場1位(9月3日付)を記録。さらに、iTunes週間ソングランキング2位・週間アルバムランキング1位を獲得(9月10日付)し、オリコンCDシングルランキングでは週間初登場5位(9月17日付)を記録するなど、各チャートで大ヒットとなっている。

最新作への熱気も冷めやらぬなか、本日9月11日には早くも新たな新作リリースがアナウンスされた。

「Aimer special concert with スロヴァキア国立放送交響楽団 “ARIA STRINGS”」と題された新作は、今年6月にBunkamura オーチャードホールにて開催された初のフルオーケストラ・ワンマンライブの模様を全編収録したAimerとして2作目の映像作品となる。スロヴァキア国立放送交響楽団を従えながら、たった2夜限りの開催となった希少なライブ“ARIA STRINGS”は、「花の唄」「蝶々結び」「あなたに出会わなければ」など、Aimerの代表曲の数々が壮大なオーケストラアレンジで繰り広げられ大反響となっていただけに、ファンにとって待望の映像作品化となる。

Aimerは来月末から全国20か所21公演のホールツアー「Aimer Hall Tour 18/19 “soleil et pluie”」をスタートさせるが、映像作品「Aimer special concert with スロヴァキア国立放送交響楽団 “ARIA STRINGS”」はツアー初日の10月31日(水)にリリースとなる。

なお、本日よりAimer Official YouTube Channelにて、同作品のトレーラー映像が公開となっている。短い時間ながらに、その圧巻のパフォーマンスを感じることができるので、是非チェックしてみてはいかがだろうか。

あなたにおすすめ