“コメディーの鬼才”集結!「音タコ」で吉岡里帆が笑い過ぎてNGになったシーンとは

ザテレビジョン

2018/9/11 10:00

三木聡監督の5年ぶりの新作である「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が10月12日(金)より公開となる。

ドラマ「時効警察」シリーズや「亀は意外と速く泳ぐ」(2005年)、「インスタント沼」(2009年)など、これまでオリジナリティーあふれる作品を生み出してきた三木監督は、公開中の「銀魂2 掟は破るためにこそある」の福田雄一監督と同じように日本映画界におけるコメディーの名手の一人だ。

本作の構想自体は「俺俺」(2013年)の撮影中からあったそうで、このたび満を持しての映画化となる。

プロデューサーの山野晃氏は脚本を初めて読んだ際に「エネルギーと馬鹿馬鹿しさに満ちあふれた物語に激しく興奮した」と語っている。

久々の新作というだけでファンにとってはうれしいニュースだが、本作の主演は映画「謝罪の王様」や「殿、利息でござる!」など、数々のコメディー映画を代表作に持つ阿部サダヲが務める。

本作でヒロイン・ふうかを演じる吉岡里帆からも”コメディーの王様”と称される阿部が、圧倒的かつフルスロットルな演技で世界的ロックスター・シンを熱演。

これが三木監督作品への出演は本作が初めてとなる阿部は、三木組常連の松尾スズキがうらやましかったという。そして“コメディーの王様”阿部×鬼才・三木監督という、コメディーファンにとってもたまらない初タッグ作品となった。

また、会話の端々にちりばめられた小ネタやギャグがさく裂し、一度見たらやみつきになってしまうことで有名な三木監督作品だがその魅力は本作でも健在。

撮影時からすでに作り出されていたようで、普段は笑ってNGを出すことは絶対にない吉岡が、どうしてもハマってしまったシーンがあるという。

そのシーンとは無料でレコードを出す「無料レコード」のオーディションを受けに来たふうかが、数々のキャラが濃過ぎる他のアーティスト(?)のパフォーマンスに圧倒されるところ。

吉岡が特にハマってしまったのは、過激なポーズを取りながら聖飢魔IIを歌うおばあちゃん二人組。その他にもさまざまな爪痕を残していくエキストラが登場する。

さらに、三木監督が「この組み合わせはマストで!」と指名したふせえり×松尾、監督のミューズ的存在でもある麻生久美子、本作では衝撃のビジュアルで登場する田中哲司といったクセが強過ぎる三木組常連の超個性派俳優が脇を固めている。

三木作品初出演ではあるが、「お芝居で一番驚かされた」と監督に言わしめた千葉雄大は本作で新境地を切り開くなど、“パンチ×毒”全開の超個性派俳優たちがスクリーンで暴れまくり、安定の(?)三木ワールドを構築している。

三木監督は「今までやってきたことの集大成でもあり、自分の中では次の段階にいくに当たって、僕自身がさまざまな新しいことを体験した映画でもあった」と語っており、その仕上がりは期待して良さそうだ。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161546/

あなたにおすすめ