【TDL】ハロウィーンの思い出が蘇る! 35周年の「セレブレーションストリート」が期間限定バージョンで登場

ウレぴあ総研

2018/9/11 10:15

東京ディズニーリゾート(TDR)ではスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を2018年9月11日(火)~10月31日(水)まで開催中。

東京ディズニーランド(TDL)ワールドバザールの「セレブレーションストリート」夜のプロジェクションマッピングも期間限定のハロウィーンバージョンになりました。

■過去の名曲が蘇る

開園35周年を迎えた東京ディズニーランド。ハロウィーンイベントは21年目です。

セレブレーションストリート夜の演出では、プロジェクションマッピングの映像とともにこれまでのハロウィーンの音楽が流れます。

まずは25年前、2003年の「ディズニー・ハロウィーン・パレード」。

ハロウィーンのテーマソングのように何度も使用されてきた音楽が35周年で蘇りました。

さらに2005年の「ディズニー・ハロウィーン・パレード」。

パンプキン・キングダムの曲にあわせて、プロジェクションマッピングでかぼちゃが映し出されます。

続いては2008年の「ディズニー・ハロウィーン・パレード“バンザイ! ヴィランズ! ”」。

フック船長、アースラ、マレフィセントなどディズニー・ヴィランズの姿が現れます。

そして2年前、記憶に新しい2016年「ハロウィーン・ポップンライブ」と今年の「スプーキー“BOO! ”パレード」が登場します。

陽気で楽しい、どこか不気味な「ディズニー・ハロウィーン」の楽しい歴史を振り返る35周年のセレブレーションストリートでハロウィーンの夜を楽しみましょう。

あなたにおすすめ