イヤイヤ期でイライラ…ママの気持ちを仕切り直す気分転換って?




可愛い我が子が悪魔に見える! そう感じたら、もうれっきとしたイヤイヤ期に突入しています。すべて受け止めようとしてはこっちがノイローゼになってしまいますから、自分だけの気分転換方法を見つけて気持ちを受け流すのがイヤイヤ期のセオリー。頑張るママにおすすめの気分転換方法を紹介します!

イヤイヤ期の気分転換方法

子育てサークルや児童館に行く

近くに子育てサークルや児童館がある人は利用しない手はありません。子どもが多少ぐずっても誰も気にせず「わかるわかる……」と頷き合う独特の一体感は子育てサークルや児童館ならでは。
特別な言葉を交わさずとも、リアルタイムにイヤイヤ期に苦しむ同志たちとの交流は「自分だけじゃないんだ」と励まされますよ!

早起きして時間を作る



「子どもを寝かしつけ、夜こそひとり時間を楽しもう」そう決意しても、子どもと一緒に寝落ちしてしまったというのはママあるあるではないでしょうか? たくさん寝て体の疲れは取れても、ママが取りたいのは心の疲れなんですよね。
そんなときは思い切って1時間、いや30分でも早起きして、意識して自分の時間を作りましょう。ウォーキングしたり、本を読んだり、朝からスイーツを食べたっていいんです。自分のためだけに時間を使うことが気分転換になるんですから、くれぐれも家事はしないこと!

アロマグッズを使ってみる



子どもが活発なタイプの場合、ママは座る暇もなく一日が終わります。何かをやりながらでも楽しむことができるのが香りの魅力です。
アロマオイルをハンカチに染み込ませておいてイライラしたときに鼻にあてるもよし、バスタブにほんの少し垂らしてリラックスするもよし、食用タイプのオイルなら紅茶に一滴入れるだけで高級なハーブティーに早変わり。
筆者のおすすめはラベンダーのアイピロー。眉間に寄っていたシワを優しく包み、翌朝にイライラを持ち越さずいい睡眠がとれます。

ゆる~い育児漫画を読んでみる

芸能人の育児ブログなどを読んでいる人は多いかもしれませんが、あの完璧でおしゃれな世界観と現実を比べて落ち込んでしまうことも。
とにかく過酷なイヤイヤ期は、夢のような世界に思いを馳せるよりもゆるい育児漫画ブログなどがおすすめです。文字を追うのもしんどいときでも、漫画ならするっと目に飛び込んできます。
そのなかでも、イヤイヤ期には完璧ママを目指す素敵系育児漫画より共感度100%なドタバタ育児漫画がベター。お気に入りを探してみましょう!

ドライブスルーで気分転換!



イヤイヤ期の子どもとのおでかけは場所も選ぶので、つい家の中で過ごすことが多くなります。当然、おしゃれなカフェやレストランから足は遠のきます。それでも無性に美味しいコーヒーを飲んでリラックスしたいときがあるんですよね。
そんなときは車を飛ばしてドライブスルーへ! 子どもと一緒に行ってもいいし、パパが帰ってくるのを待ち、子どもを見てもらってからひとりで行ってもいいでしょう。ドライブスルーならパジャマで行っても気付かれませんから……!

まとめ

イヤイヤ期の子どもとの接し方で大切なのは、とにかく自分を責めないこと。イヤイヤ期は子どもの自我の芽生えとともに訪れる、心の成長の証です。
重く受け止めず「今日も順調!」と笑顔でやり過ごすことをおすすめします。部屋だってちょっとくらい汚くたって大丈夫。一時的なものだと思って明るく乗り越えましょう!

あなたにおすすめ