エル・ファニング、フランケンシュタインの生みの親を演じる主演作公開

クランクイン!

2018/9/11 09:00

 女優のエル・ファニングが主演を務める映画『MARY SHELLEY(原題)』が、邦題を『メアリーの総て』として12月に劇場公開されることが決定。併せて本作のポスタービジュアルが解禁された。

【写真】子役時代からの成長を見る「エル・ファニング」フォトギャラリー

本作は、ゴシック小説の金字塔として、ティム・バートンやデヴィッド・リンチら巨匠監督に大きな影響を与えた『フランケンシュタイン』の作者、メアリー・シェリーの生涯を描いたヒューマンドラマ。恐ろしくも悲しい“怪物”を若干18歳で作り出したメアリー。19世紀のイギリスを舞台に、彼女が経験する道ならぬ恋や、愛と放蕩の日々、大切な人の死など、ベールに包まれていた波乱の人生をつづっていく。

小説家を夢見るメアリー(ファニング)は“異端の天才”と称される妻子ある詩人パーシーと出会う。強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せて駆け落ち。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーを次々と悲劇が襲う。失意のメアリーはある日、夫と滞在していた、詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる…。

公開決定に併せて本作のポスタービジュアルも解禁。ポスターには、エル演じるメアリーが、墓地の中で一人執筆を進める美しい姿が描かれている。

映画『メアリーの総て』は、12月より全国順次公開。

あなたにおすすめ