<半分、青い。>“そよ風の扇風機”トレンド入り!鈴愛&律が“そよ風”開発へ

ザテレビジョン

2018/9/11 07:16

ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の七転び八起きの人生を描く連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。10日放送の第139回では、鈴愛と幼なじみ・萩尾律(佐藤健)の会話からついに“そよ風の扇風機”のアイデアが飛び出し、Twitterでは“そよ風の扇風機”がトレンド入りするなど大きな関心を集めている。(以下ネタバレが含まれます)

■ 鈴愛の一言が律の心に火をつけた

岐阜出身のヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の胎児時代から40代までの波乱万丈の半生を描いている「半分、青い。」。

ドラマでは、鈴愛が高校を卒業するまでの「岐阜・故郷編」、師匠・秋風羽織(豊川悦司)らに支えられながら漫画家を目指した「東京・胸騒ぎ編」、漫画家の夢を挫折し、100円ショップ 大納言で働きながら結婚・出産・離婚を経験した「人生・怒涛編」、地元に戻って五平餅修業をし“センキチカフェ”をオープンした「戻りました!岐阜編」と、文字通り七転び八起きのヒロインの人生が綴られている。第23週「信じたい!」(9月3~8日放送)からは最終章となる「再起奮闘編」に突入している。

第138回(9月8日放送)で、おせっかいのあまり律を怒らせてしまった鈴愛。第139回では、ガンを患う母・晴(松雪泰子)が心配で岐阜を訪れた。

晴に「今のあんたはあんときのお母ちゃんと一緒や。あんたが東京に出る、漫画家になるって言ったとき」「あんときも律くんはあんたを応援してくれたんやなかったかね」と諭され、律に謝りに行った鈴愛。

その時ふと口にした「例えば、野原の風を集めてお母ちゃんに持ってってあげられればいいな。あ、それか“そよ風の扇風機”」の一言が、シェアオフィスの事業計画書を前に“何かを作って人の役に立ちたい、でもその何かが分からない”と悶々としていた律の心に火をつける――という展開だった。

■ 原案メーカーからも反応が

視聴者からは「そよ風の扇風機や!といったときの律の顔。あんなに明るい表情は久しぶりに見た」「そよ風の扇風機ってどんな扇風機?」「そよ風の扇風機早く作って晴さんにそよ風届けてあげて!」などの声が上がり、“そよ風の扇風機”が大きな話題に。

扇風機の原案として協力するメーカーが名乗りをあげ「扇風機に100年ぶりの革新をもたらした扇風機の開発が、物語の中でどのように描かれるのか、これからの放送でお楽しみ下さい」とツイートしたことでも注目を浴び、Twitterのトレンドワード上位に食い込むほどの反響を呼んだ。

■ 風のある梟町、風のない東京

鈴愛と律にとって“風”は故郷・梟町の象徴だ。

鈴愛と律が悩みや本心を打ち明ける河原でも、鈴愛が家族で墓参りをする丘でも、いつも気持ちのよい風が吹いていた。

そして、“風”のことを言い出すのは晴だ。鈴愛が幼い頃の墓参りでも「いい風が吹いたね」と口にしていたし、鈴愛が再び上京する直前、最後に家族全員で丘を訪れたときも「あ、いい風が吹いたねえ。捕まえたなるような風やった」と気持ちよさそうにつぶやいた。名古屋の病院に入院するにあたっては、「周りビルばっかや。何も見えん。風も入らん」と寂しそうだ。

そして、東京も“風のない場所”として描かれている。こちらを語るのは、もっぱら律のほうだった。

現場を離れ、菱松電機の社屋で予算管理に明け暮れる律は、はめ殺しの窓に向かい「風の音が聞こえん…」と嘆く。律にとって、はめ殺しの窓は不自由の象徴だ。友人・正人(中村倫也)も、タワービルの商社から老舗出版社に転職し「窓が開く」ことで「なんかホッとした」といい、律と頷きあう。そんな正人が気に入って律に紹介したアパートの住所が“杉並区風の谷”というのも面白い。

そんな東京でも、風が吹く場所がある。廃校になった校舎を利用したシェアオフィスだ。

第136回(9月7日放送)で正人に連れられ初めてオフィスを訪れた律は、「たしかに居心地よさそうですね。窓から風が入る」と頷き、帰宅後も正人に「あそこの学校オフィスはいいな。学校だけあって、窓が大きい」と語っている。“風があるかどうか”は律にとって、とても重要なことなのだ。

■ “そよ風の扇風機”プロジェクト始動!!

風がない都会で生きることに息苦しさを感じていた律だからこそ、鈴愛が何気なく口にした「野原の風をお母ちゃんに持ってってあげられればいいな。あ、それかそよ風の扇風機」の一言にピンとくるものがあったのだろう。エンジニアとして、“扇風機”という製品の開発に「できそうだ、やってみたい」という思いも湧いたかもしれない。

19歳の七夕に鈴愛が書いた「律がロボットを発明しますように」の短冊は風に飛ばされてしまった。鈴愛のマグマ大使である律にとって、鈴愛の口から出た“そよ風の扇風機”がロボット後の新たな目標になることは、ごく自然な流れだったのだ。

11日放送の第140回では、鈴愛のひと言からそよ風の扇風機を作ることをひらめいた律がさっそく動き出す。鈴愛に扇風機のデザインを任せ、自身は自然のそよ風を生み出す羽根の設計に取り掛かる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161665/

あなたにおすすめ