「ZERO HALLIBURTON」より、新たなストリートカジュアルブランドが発売中

IGNITE

2018/9/11 07:00


鞄というのは、自分にとって「良き相棒」であって欲しい。

今年で80年の歴史を持つ米国プレミアムトータルラゲージブランド「ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)」から、新たにストリートカジュアルブランド『ゼロブリッジ』が誕生した。

古い常識や既成概念に縛られることなく様々な価値観や感性、歴史や未知のものと繋がり、そこからオリジナルの自分を見出し、成長させていく柔軟なマインドを持つ人々に向けて発信する。それが今回新たに始動する「ゼロブリッジ」である。

普段使いから旅行まで、あらゆるシーンで活躍する幅広いアイテムが揃う。デビューコレクションは7シリーズだ。

■高い防水機能を持ったバックパックシリーズ「ナッソー」



高い防水機能を持ったバックパックシリーズ「ナッソー」は、縫い目を溶着した本体にTPUコーティングを施すことで高い防水性を実現。

TPUコーティングとは、サーモプラスチックポリウレタンといい、熱可塑性ポリウレタンという素材のことで、ゴムのような弾力性のある素材で、防水性に優れているだけでなく、汚れにも強い。タウンユースにもアウトドアにもいいというわけだ。

色は、ブラックとグレーの2色展開。



■通勤スタイルにも合わせやすい、「ヘスター」



デイリーにもカジュアルな通勤スタイルにも合わせやすい、ハイブリッド型バックパックシリーズ「ヘスター」は背面が通気性に優れたメッシュ素材を採用。

多彩なポケット仕様はもちろん、15インチ(A4サイズ程度)のPC収納スペースを装備するなど、高いデザイン性、機能性を備えている。

色はシックなブラック。



■あらゆるシーンで幅広く使える「コーネリア」



機内持ち込みが可能な30リットル容量のスーツケース。

前面にはポケットが付いていて13インチのPCが収納なので、日帰りはもちろん、1泊~2泊程度の出張に便利だ。日常づかいから旅行まであらゆるシーンで幅広く使える。

色はブラックとホワイトの2色展開。



来年、アポロ11号の月面着陸から50年を迎えるが、ゼロハリバートンは、アポロ11号とともに世界で初めて月へ行き、月の石を持ち帰ったことでも知られているブランドである。





「未知」のものと”繋がった”唯一のブランドとして、今回新たに始動する「ゼロブリッジ」も古い常識や既成概念に縛られることなく、色々な価値観や感性、 歴史や未知なものと繋がることでオリジナルの自分を見出し、そして成長させていく。そうした柔軟なマインドを持つ人々に向けて今後も発信をしていくという。

新たなブランドが今後も生み出されていくことに期待したい。

URL:https://www.ace.jp/zerobridge/

(Y.FUKADA)

あなたにおすすめ