スズキがインドにEV試験車を50台投入。フリートテストをスタート

clicccar

2018/9/11 07:06


スズキがインド市場へのEV導入にあたり、プロトタイプ車の試験を開始すると発表しました。

試験車両は既存の「ワゴンR」をベースにEV化したもので、マルチ・スズキのグルガオン工場で製造。10月からインド市場に50台投入してテストするそうです。

マルチ・スズキの鮎川代表取締役は、「今回の複数の地形や気候条件下でのテストが、新技術の検証と今後の開発に役立つと共に、ユーザーにとって信頼性の高いEV開発に繋がる」としています。

各報道によると、同社はトヨタ自動車と協力して2020年4月を目処にインドでEVを発売、同年にグジャラート工場で自動車向けリチウムイオンバッテリーの生産についても計画している模様。

こうした、より厳しい環境下での開発は鮎川氏の言うとおり、同社の今後のEV開発に大いに活かされることになりそうです。

(Avanti Yasunori・画像:Maruti Suzuki)

【関連記事】

販売好調のスズキ・ジムニーに織り込まれた「ユーザー思い」な工夫とは?
https://clicccar.com/2018/09/03/625022/

スズキ・ジムニーが早くもベスト10にランクイン! 7月度の国内新車販売台数が発表
https://clicccar.com/2018/08/08/616713/

旺盛な需要に生産が追い付かない!? 新型スズキ「ジムニー」はココが魅力
https://clicccar.com/2018/08/06/615966/

【新車】新型スズキ「ジムニー」は快適装備充実の新世代オフロードマシン!
https://clicccar.com/2018/07/04/605995/

スズキ、世界販売で初の300万台突破!2018年3月期の純利益が35%増に
https://clicccar.com/2018/05/13/588967/

【関連リンク】

マルチ・スズキ https://www.marutisuzuki.com/

あなたにおすすめ