コスプレも注目の美人ギタリスト・宮澤茉凛 “メタリカ”からの音楽ルーツ、“やなみん”神推しまでを語る!

ザテレビジョン

2018/9/11 06:30

3人組ガールズユニット・LoVendoЯの宮澤茉凛が8月19日、東京・渋谷WWWで開催された女性ギタリストによるセッションライブ「WORLD GUITAR GIRLS COLLECTION」(WGGC)に出演した。

宮澤は19歳当時、2012年に行われたモーニング娘。田中れいなのバンドメンバーオーディションに合格し、仙台から上京。翌年ステージデビューを果たし、LoVendoЯメンバーとして活動をスタートさせた。

海外のロック&メタルバンドに明るく、大人可愛いルックスから人気を集める美人ギタリストだが、アニメ・ゲームオタクな自称“闇の住人”という一面もあり、オタオタしく喋る“残念な美人”というギャップもファンに愛されている。

そんな彼女に注目し、LoVendoЯでの5年、ルーツになった音楽、仕事にも繋げているアニメ・ゲームについて話を聞いた。

■ 伝説のメタルバンド・メタリカとの出会いから始まったギタリストへの道

アニメ「けいおん!」の影響でギターを始めた女子は多く、今は多様なジャンルでガールズバンドが数多く生まれている。アイドルでも鈴木愛理(元℃-ute)、山本彩(NMB48)のようにエレキを握る子も数多い。そういう時代の中、宮澤のルーツとなったのは海外のレジェンドメタルバンドだった。

――元々ハードロックのジャンルにいたということは、ポップな入り方とはちょっと違いそうですね。

そういう世界を知ったのが叔父の影響で、中学の時、叔父が持っていたメタリカ(アメリカのヘヴィメタルバンド)のアルバムを聴いたのがきっかけです。すごく格好良い音に痺れて、そこから’80、’90あたりのジャンルにハマって、サークルにも入って。もっと音楽をしたいと思って専門学校に進み、オーディションにチャレンジしました。

――メタリカはジャンル的にはヘヴィメタルですが。

そうですね、最初はそういうのも分からなかったんです。でも、スラッシュメタルとかはあまり聴かなくて、メタリカは勢いより、リフのトリッキーさ、メロディアスなボーカルラインで聴かせてくれるのがすごく好きなんです。だからネオクラシカル(ヘヴィメタルのジャンルの1つ)やインギー(スウェーデンのギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンの愛称/ネオクラシカルの先駆者)が好きで、ハロウィン(ドイツのパワーメタルバンド)の方向になると自分的にはちょっと違うんですよ。それからハードロックのサウンドに流れていった感じです。

――かなり上の世代の名前が出てきますね。日本のバンド名が出てこなくて面白いです。

そうなんですよ(笑)。とにかく洋楽にハマっていたので。

■ エレキサウンドを響かせる「WGGC」のレギュラーメンバーに

「WGGC」の始まりは女性ロッカーたちの祭典「NAONのYAON」の企画コーナー。出演バンドのギタリストが競演し、華やかかつ激しいギターサウンドを響かせたのを皮切りに、その後いくつかのロックイベントで「WGGC」コーナーが設けられ、単独のレギュラー開催を行うまでに人気を広げてきた。そこで宮澤はLoVendoЯの活動とは別の形でファンを掴んできている。

――ギターが主役のライブとあって一段と楽しそうでした。

「WGGC」に誘っていただいてから、生き生きと音楽をやれているなって感じてるんです。自分のルーツの曲を披露できる場というのが今までなかったので、ギター、洋楽ファンの前でそれを弾けるのは本当に嬉しいです。

――セッションだったこれまでと違い、今回はソロ、コラボも。ソロでは「Captain Nemo」(MSG/元スコーピオンズ、マイケル・シェンカーのグループ)を弾きましたが、選曲はどのような理由から?

まずインスト縛りだったんですよ。マイケル・シェンカーをやりたいというのが最初からあったので、「Captain Nemo」か「Into The Arena」かで迷って、リフが好きな「Captain Nemo」に決めました。

――マイケル・シェンカーというとフライングV(ギターのモデルの1つ)ですが、この日は使いませんでしたね。

いやあ、そこは迷ったんですけど、フレット(ネックにある金属板。ここに弦を押さえる)が足りなくて。「Captain Nemo」は24まで使うんですけど、私のVは22フレットまでしかなかったので断念しました。「Captain Nemo」はリフもそうだし、メロディアスな部分も大好きな曲なんです。

――YASHIROさんとのコラボでは「Child's Anthem」(TOTO/アメリカのロックバンド)を弾きましたが、こちらは宮澤さんの選曲ですか?

YASHIROさんもTOTOが好きだったので、2人で相談して。最初はオリアンティ(オーストラリアの女性ギタリスト)のを考えてたんですけど、他の方と被っちゃったので、じゃあTOTOにしようかって。せっかくツインで弾くならって、YASHIROさんがハモをしてくれたんです。

――10月20日(土)に「WGGC」Vol.2が開催になります。次はボン・ジョヴィを弾きたいと宣言していましたね。

ボン・ジョヴィ、絶対に弾きたいんです。「Livin’ on a Prayer」が大好きで、あの曲ってみんな知ってるし、歌えるじゃないですか。次回はゲストボーカルも入るので、あのハードな曲を大団円でやりたいなっていう目標があります。

――世代の方には刺さる曲ですね。

そうなんですけど、「WGGC」って若いお客さんも多いんですよ。私を応援してくれているファンにも20代の方がいて、そういう世代に響く日本のバンド曲も弾きたいんですよね。今回、メドレーに「蝋人形の館」や「紅」のパートがあったんですけど、あれは編曲の方が入れてくれたんです。洋楽ってどうしても知ってる知らないの差が大きくなってしまうじゃないですか。だから邦楽も入れるといいんじゃないって。それに洋楽を知らなくても見に来てくれるファンもいるので、そういう人たちが「お!」ってなれる曲もできればいいなと思ってます。

■ エレキを握るLoVendoЯ、アコギを握る音楽ユニット・おかまりん

宮澤の所属ユニットは田中れいな、岡田万里奈のツインボーカルと組むLoVendoЯだ。ただし現在は一旦田中から離れて経験を積む期間ということで、岡田との音楽ユニット・おかまりんでの活動をメインにしている。以前、岡田はインタビューにて、「ゼロからのスタートで、経験はもちろん、当たり前のことが当たり前ではなかった」と、田中がいたからこその状況を実感し、だからこそ支えてくれるファン、スタッフに感謝の気持ちを送っていた。

――LoVendoЯでのデビューから5年。振り返って印象深いことは何が挙げられますか?

やっぱりツアーですね。ツアーは絶えずチャレンジの場で、毎回新しいことをしていた印象です。カバーのフォークロックから始まって、次がオリジナル曲を入れたロックに、その次はポップ系も取り入れて。去年は同期、オケも派手に組んだし、音の作り方は本当に様変わりしたなって思います。(デビュー以前)私はハードロックを主体に弾いてきたので、色々なジャンルを経験できたのはすごく勉強になっています。あまり弾いてこなかった、パンクっぽいフレーズを入れてみようかなって考えるようにもなったし。

――今はおかまりんをスタートさせて1年弱。その活動をどう捉えていますか?

岡田と2人だけでどれだけのことができるのか、そういう可能性の模索ですね。最初は本当に大変でしたけど、今はお客さんを巻き込んでセッションしたら面白いんじゃないかとか、ライブの形を考えられる程度の余裕は出てきました。トライアングルでもカスタネットでも何でもいいので、お客さんが楽器を持って、一緒に盛り上げられる形を作りたいんですよ。音楽はエンターテインメントだから、色々な遊びをしたいなって思うんです。

LoVendoЯの時と違うのは、岡田が作曲をするようになったことですね。ボーカリストの作るメロってギタリストと音への解釈が全然違っていて、そこはすごい面白いなって、コードの流れを見ていても新鮮だなって思います。岡田が作ってきたメロを聴くと、自分になかった発見があったりします。

――岡田さんはピアノでしたが、宮澤さんはギターでの作曲ですか?

私はlogic(音楽制作ソフト)を使っていて、オケバージョンとメロバージョンの2つを作ってます。

――一旦メロだけ、ではないんですね。オケまで作ると時間がかかりませんか?

細かいところまで気になって、そうしないと気が済まないんですよ。リズムとフレーズを色々な楽器で入れて、アレンジで一拍遅らせてみようかとか。性格的にすごく考え込んじゃうんですよね。ペースは遅いですが、その分納得のいく作り込みをしたいんです。インストは披露する場が減ってしまったので作っていなかったんですが、「WGGC」があるのでまた作りたいですね。YASHIROさんが自分の曲を披露しているのを見て、やっぱりオリジナルを出したいなって思いました。

――以前作られた「孤城の姫君」は良い曲でした。おかまりんではエレキでなくアコースティックを弾いていますが、宮澤さんはアコギに抵抗はないんですか?

別にアコギが嫌っていうのはないですね。アコギも勉強になるし。でも、どっちが好きかと聞かれたら断然エレキです。話してたらヌーノ(ヌーノ・ベッテンコート/アメリカのギタリスト)とか弾きたくなってきました(笑)。

■ モー娘。横山玲奈とカントリーガールズ・梁川奈々美、どっちが好き?

オタクの宮澤は非常に多趣味だ。趣味が高じて仕事にも繋げ、ゲームでは「ゲーム★マニアックス」(アニマックス)のマックスガールズとして活躍し、所属事務所アップフロントのeスポーツ部のメンバーでもある。eスポーツスターリーグにも出場し、第2回開催(8月6日)ではモーニング娘。’18の横山玲奈と組んで、ゴールデンボンバー・喜矢武豊、歌広場淳と「ウイニングイレブン」で対戦した。

――1つ気になることがあって。これ、(タカラトミー/ポケモン「グラジオの紅に染まりしZパワーリング」のコスプレモデル)、宮澤さんなんですか?

ああ! そうです(笑)。名前は出てないんですけど私です。私が「ポケモン」好きで、趣味がコスプレというのを関係者の方が見つけてくれたみたいで。それで、「こういう商品が出るんだけど」という形でグラジオのコスプレモデルのお話をいただいて。

――そんな形で仕事に繋げるとは。言い続けてみるものですね。

いや、もう、光栄なお仕事でした。これからも「ポケモン」を愛し続けます。

――コスプレはいつから始めたのですか?

高校の時ですね。その頃は男装コンテストに出たりして、アニメのコスプレをし始めたのはそれから、ポケモン友達の影響です。その友人がポケモンキャラのコスプレをしているのを見て、私もやってみたくなってきて。その後ニコニコ超会議でコスプレデビューしました。プライベートで(笑)。

――美形だから会場を歩いてたら目立つんじゃないですか?

そんなことないですよ。みんなクオリティがすごくてメイクも綺麗だし、尊敬するばかりです。私は男装メインだし。女の子キャラはFCイベントで「ふしぎの国のアリス」をしたくらいかな。

――すごい美人なのに、もったいない。

需要ありますか? 今年ハロウィンライブがあればまたしてみようかな(笑)。

――ゲームはどんなジャンルを?

アクション系が好きで、「ゲーム★マニアックス」ではわりとアクション担当になってますね。「モンスターハンター」は特に大好きです。最近は忙しくてできてないんですけど、「モンスターハンター:ワールド」も。ガンランスの竜撃砲が最高です(笑)。

――この間のスターリーグは残念な結果に。相手が悪かったというか。

金爆さんは芸能人のレベルじゃないですよ。横山ちゃんと練習してたんですけど、相手にならなくてごめんなさいっていう感じで。金爆さんはもう殿堂入りしてほしいです(笑)。横山ちゃんは浦和レッズを応援してて、サッカーを知ってるから呑み込みが早かったんですけど、ちょっと歯が立たず…。横山ちゃんの良いところを引き出せなくて申し訳なかったです。

――横山さんの印象はいかがでしたか?

ザ・美少女ですよね、ホントに。元気で、明るくて、可愛くて。

――最近やなみん、やなみん(梁川奈々美)言わないのは、横山さんに推し変したからですか?

そんなことないです(笑)。横山ちゃんはとっても可愛いんですけど、私の神推しは永遠にやなみんです。

――音楽も、趣味のゲームもコスプレも、今後どのように活動を広げていこうという展望はありますか?

多方面で仕事をしていきたいというのはもちろんあって、中でもゲーム、アニメは大好きだから、それを音楽への共通項にできればと考えています。おかまりんでは対バンだけでなくワンマンやバンドライブもしていきたいし、ギタリストとしては「WGGC」みたない場に呼ばれるように、もっともっと色々な経験をして成長したいと思います。(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

https://news.walkerplus.com/article/161612/

あなたにおすすめ