THE RAMPAGE「EXILE魂を受け継ぐという責任感」

ザテレビジョン

2018/9/11 06:00

2014年の「武者修行ファイナル」から丸4年。ついに1stアルバムが完成したTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。いよいよリリースを迎えた万感の想いを、全16人のメンバーから代表してリーダーとボーカル、5人のメンバーに聞いた。

■ 4年前と比べ、全員の顔つきが別人のように変わってる

グループの結成から4年、デビューから1年7カ月を経て、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、1stアルバム『THE RAMPAGE』をリリース!(9月12日発売)。メンバーを代表して、リーダーのLIKIYAと陣。そしてボーカルの吉野北人、川村壱馬、RIKUが、今作を熱く語ってくれた。

RIKU「これまでリリースした6枚のシングル曲に加えて、カップリング曲や新曲(4曲)も収録されているから、かなり聴き応えのあるアルバムです!」

川村壱馬「初めてのオリジナルアルバムが20曲も入っている2枚組っていうのはなかなかないと思います」

吉野北人「特にデビュー曲『Lightning』とアルバムリード曲『LA FIESTA』(新曲)を聴き比べると、僕たちの変化と成長がすごく分かると思います。あと、結成からの4年間を追っているドキュメンタリームービーを見てからアルバムを聴くと、より曲に入り込めるんじゃないかな」

陣「ドキュメンタリー映像やMVを見て、メンバーの成長具合にビックリした。全員の顔つきが別人のように変わってる(笑)」

川村「自分がラップパートを担当した『100degrees』をあらためて聴いたとき、あのRAPを書いた当時と今では曲に込めたメッセージを届けたい相手が変わるんだな、同じ曲でも自分の中で曲の伝え方が変化していくんだなって思いました」

■ 大げさじゃなく、僕たちの血と汗と涙と魂が刻まれているアルバムです!

LIKIYA「曲を聴くと、いろんな出来事がよみがえってくるよね。もともと僕たちはオーディションで選ばれた16人だから、お互いを分かり合うところからスタートしている。そんな16人が絆を深めていく月日の中には、大変なこともたくさんあった」

RIKU「武者修行の最初のころは、お客さんがほとんどいないときもあったけど、RAMPAGEのステージをまた見たい!と思ってもらえるように、どんな状況でも全力投球のパフォーマンスをしよう!って、心を一つにしたね」

陣「メンバー16人を3グループに分けて日本中を回った武者修行では、いつもは3人で歌うのにボーカルが1人で歌っていたな~って思い出したり」

川村「過酷だった武者修行もそうだし、これまで自分たちが一つ一つ積み重ねてきた経験が、このアルバムに結び付いているんだなって思うと感慨深いです」

吉野「大げさじゃなく、僕たちの血と汗と涙と魂が刻まれているアルバムです!」

LIKIYA「グループのこれまでの道のりと成長と可能性が分かる集大成的なアルバムのタイトルに、自分たちのグループ名を付けることができたのが、すごくうれしかった」

川村「スタッフさんから『THE RAMPAGE』というタイトルを提案していただいたときに、ファーストアルバムは、このタイトルしかないでしょ!って思いました」

陣「満場一致だったよね」

吉野「メンバー全員が、ふたつ返事で『はい!』って言ってたもんね(笑)」

■ 僕らが夢をいただいたEXILEさんの曲

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの可能性を大いに感じさせる新曲「LA FIESTA」「New Jack Swing」「Only One」「Over」は、「今の自分たちが持っている力を全て出した」(RIKU)と、胸を張って言える自信作だ。

吉野「4曲4様のテイストを持った新曲なので、とてもやりがいがありました」

川村「今までのシングル曲を全て収録したアルバムに入れる新曲は、これまでのRAMPAGEを全部背負うことになる。だからこそ最新の自分たち、最高レベルの楽曲を届けなければいけないと思っていたし、生半可な気持ちで制作してはいけないという強い意識を持ってレコーディングしました」

RIKU「ファンの方から“RAMPAGEのバラードを聴きたい”という思いをずっと聞いていたし、僕らもいつか挑戦したいと思っていたので、『Over』でそれが実現できてうれしいです」

川村「何一つ妥協したくなかったから、僕はテンションづくりまでやってました。スタジオに入る前からマインドをしっかりと頭の中でつくって、歌入れに臨みました」

RIKU「僕、LIKIYAさんが振り付けをした『LA FIESTA」のMVが大好きで」

LIKIYA「ありがとう! あの振り付けは、RAMPAGEらしさをぶらさずに、キャッチーなものをやるならコレだ!っていうのを意識してつくったんだよね」

陣「『New Jack Swing』はEXILEさんのカバーなので、ボーカルの3人の気合がハンパなかったね」

RIKU「僕らが夢をいただいたEXILEさんの曲なので、歌入れのときの緊張感がすご過ぎました(苦笑)」

川村「中途半端なものにはできないというプレッシャーとEXILE魂を受け継ぐという責任感が一気に全部押し寄せてきて」

RIKU「正直に言うと、歌うのが怖かった」

吉野「歌入れは納得がいくまで何十回も歌ったし」

川村「EXILEさんのカバーをさせていただくからこそ、RAMPAGEらしい『New Jack Swing』を完成させることが僕たちの使命だと思いました。プレッシャーはすごかったけれど、僕たちがもう一つ上の段階に進むための大きなステップになったと思います」

LIKIYA「この1stアルバムで、THE RAMPAGEの基盤ができたので、47都道府県を回った初の単独全国ツアーが終わった直後のタイミングで、この作品を出せるのがすごくうれしい」

RIKU「RAMPAGEの未来がこのアルバムで決まるんだ!ってくらいの熱い思いを込めた作品なので、たくさんの方に手に取ってもらえることを願うばかりです!」

■ 初の全国ホールツアーのライブ映像やグループの4年間を追ったドキュメンタリーも収録

MTV VMAJ2017で最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞を獲得したデビューシングル「Lightning」から最新シングル「HARD HIT」までのシングル6曲に新曲4曲を加えた、合計20曲収録の豪華2枚組『THE RAMPAGE』。MV7曲などを収録したDVD、Blu-ray付きの形態を含め、全5形態で発売。初の全国ホールツアーのライブ映像やグループの4年間を追ったドキュメンタリーも収録されている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161550/

あなたにおすすめ