井浦新「この夏はとにかく走りました」 “ケンカツ”での撮影を振り返る

ザテレビジョン

2018/9/11 06:00

9月11日(火)に第9話を放送する「健康で文化的な最低限度の生活」(夜9:00-9:54、フジテレビ系)。残す放送もあと2話となり、吉岡里帆演じる主人公・えみるの先輩ケースワーカー・半田役の井浦新が、本作”ケンカツ”の魅力を語った。

柏木ハルコの同名漫画が原作のヒューマンドラマで、新人公務員の義経えみるが、生活保護受給者を支援するケースワーカーとして奮闘する姿を描いてきた「健康で文化的な最低限度の生活」。

新人ケースワーカーとしてがむしゃらなえみるを、いつもそばで支えてきた半田。そんな半田を演じてきた井浦は、「この夏はとにかく走りました。毎回さまざまなケースと向き合うことによって、『こういう場合は、こう向き合っていくんだ』とか、『他の方法はなかったのか?』『半田さんだったらどうした?』とイメージすることで、僕も学びながら、演じさせていただいているという実感がありました。

実際、自分の体を動かしながらケースワーカーの仕事を見ていくと、“本当に大変な仕事”というのが身に染みました。芝居なので撮影が終わったら、その気持ちを現場に置いていけるんですけど、実際のケースワーカーの方々のことを思うと、24時間、受給者の方々と向き合う仕事というのは、本当に大変なことだと痛感しました」と振り返る。

■ 井浦新「這いつくばってでも生きる姿は美しい」

また、主演の吉岡について「最初から元気に、気を張って『座長として頑張るぞ!』という心意気は感じていましたし、頑張り過ぎているからこそ心配もあったんですが、今でも(その姿勢を)貫き通せています。

だからこのまま走っていける気概のある方なんだなと思いました。ラストスパートまで集中力が欠けないように、最後まで走り抜けていってほしいなと、そういう体育会系の気持ちでいます。それはきっと彼女の潜在能力が高く、どんどん伸びる人だからこそ!」と話す。

さらに、ラストスパートでの見どころについて、「(えみるの)一生懸命さが通用しなさそうなケースに対して、ケースワーカーの仕事がどこまで届くのかというのが、9話、10話の面白さです」と語る。

そして、最後には「このドラマを通して、ケースワーカーという仕事を知ってほしい、生活保護とは何なのかとかを知るきっかっけになればいいと思う反面、ケースワーカーが頭を悩ますほどのケースを生む、受給者の生き様もちゃんと描かれています。

生きることは大変。それでも這いつくばってでも生きる姿というのは、やっぱり美しいなと思うんです。人間が生きていることって、どんなケースがあったとしても“小さな光がキラキラ輝いているなぁ”って。

誰にでも可能性というものはあるんだなと感じるし、そういうものが世の中に広がっていけば幸いだなと思います」と、本作を通し視聴者へアピールした。

9月11日(火)放送の第9話では、えみると松本まりか演じる育児放棄の母親が対峙する他、半田の過去も描かれる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161604/

あなたにおすすめ