上田晋也&舘ひろし&櫻井翔、日テレ「ラグビーW杯2019」生中継で激闘伝える!

ザテレビジョン

2018/9/11 06:00

日本テレビでは、2019年9月20日(金)に開幕するラグビーのナショナルチーム世界一を決定する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」を生中継。大会を盛り上げる中継および関連番組の出演者が発表され、スペシャルMCに上田晋也、応援団長に舘ひろし、スペシャルサポーターに櫻井翔が就任した。

■ ラグビーワールドカップは「世界3大スポーツイベント」

1987年から4年に1度開催されているラグビーワールドカップは、入場者数などの指標でサッカーワールドカップや夏季オリンピックと並ぶ「世界3大スポーツイベント」と言われる。

2015年のイングランド大会は247万枚以上チケットが売れ、世界209の国と地域で中継、推定40億人以上がテレビで視聴。また、この大会で日本テレビ系で生中継した日本代表対サモア代表戦は視聴者数2500万人を記録し、W杯史上における国内視聴者数の最多記録となったほど。

■ 日本大会の概要をチェック!

ラグビーワールドカップ2019日本大会は、2019年9月20日(金)から11月2日(土)まで日本全国12都市(東京、横浜、札幌、釜石、熊谷、静岡、豊田、大阪、神戸、福岡、熊本、大分)で開催。

5か国ごとの4組分かれて戦う総当たり戦の予選プール、各プール上位2位以上が進出し8チームによるトーナメント方式で戦う決勝ラウンドでナンバーワンを決定する。

出場チームは<プールA>日本、アイルランド、スコットランド、ロシア、サモア<プールB>ニュージーランド、南アフリカ、イタリア、ナミビア、敗者復活予選1位<プールC>イングランド、フランス、アルゼンチン、アメリカ、トンガ<プールD>オーストラリア、ウェールズ、ジョージア、フィジー、ウルグアイという20カ国。

■ 出演者たちのコメントが到着!

大会の中継カードや出演者スケジュールは、後日発表される。1年前からもうウズウズして仕方のない3人から興奮たっぷりのコメントが届いた。

■ スペシャルMC・上田晋也のコメント

前回のラグビーワールドカップ2015イングランド大会で、南アフリカ対日本戦を生で観戦させていただきました。これまでいろいろなスポーツ観戦をしてきましたけど、目の前で見た南アフリカ戦での日本の逆転トライは人生で一番興奮した瞬間と言っても過言ではありません。

そのワールドカップならではの世界一流のハイレベルな試合を日本で体感できると思うと、うれしく思います。スペシャルMCとして、舘さん、櫻井さんと共にあの迫力、熱気、感動を、皆さんにお伝えできればと思っています。

■ 応援団長・舘ひろしのコメント

日本で開催されるラグビーワールドカップは一生のうちに二度と見られないかもしれない貴重な大会です。最近では日本チームの調子がとても上がっているので、大会でも相当上にいけるのではないかと信じています。

そして、日頃から世界のラグビーをテレビで見ている僕にとっては、ニュージーランド、オーストラリアやフランス、南アフリカ等々、世界の強豪国が集まるラグビーワールドカップは本当に楽しみな大会なのです。とにかくラグビーが大好きなので、精一杯、応援団長として頑張ります。

■ スペシャルサポーター・櫻井翔のコメント

ラグビーは小学校5年生、6年生の2年間プレーし、スクラムハーフをやっていました。もう20年以上ラグビーはやっていないですが、今でもラグビーは好きで、トップリーグや学生の試合は見に行ったりしています。

注目している日本の選手は、スクラムハーフながらハードにタックルもする田中史朗選手です。体格の全く違う海外の大きい選手にも動じず、タックルしていく姿は、見ていて惚れ惚れします。

1年後、世界3大スポーツイベントの一つ・ラグビーW杯が、日本で開催されるということにとても興奮しています。ラグビーの魅力を皆さんにお伝えできるよう、一ラグビーファンとして頑張りたいと思います。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/161653/

あなたにおすすめ