松井玲奈、芸能界の裏描くドラマ「こんなに黒いと思ったことは…」


女優の山口紗弥加が主演する読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ブラックスキャンダル』(10月4日スタート、毎週木曜23:59~)の共演陣が11日、明らかになった。

このドラマは、トップ女優・藤崎紗羅として結婚を控えていたが、陰謀によって仕組まれたスキャンダルで芸能界から抹殺され、整形で顔を変えて別人になりすました芸能事務所「フローライト」の敏腕マネージャー・矢神亜梨沙(山口)が、陰謀に関わった人間たちに次々と屈辱的な謝罪会見を開かせて仕返ししていくもの。

亜梨沙の元恋人・勅使河原純矢で安藤政信、亜梨沙の唯一の理解者であるトップ女優・阿久津唯菜役で松井玲奈、新人マネージャー・水谷快人役で若葉竜也、マネージャー・犬飼遊真役で森田甘路、若手女優・小嶋夏恋役で小川紗良、亜梨沙が姿を変える前の藤崎紗羅役で松本まりか、亜梨沙のスキャンダルを掲載した写真週刊誌の記者・巻田健吾役で片桐仁、チーフマネージャー・花園由祐子役で平岩紙、芸能事務所社長の勅使河原友和役で片岡鶴太郎の出演が決定した。

松井は「(芸能界が)実際にこんなに黒いとは思ったことはないのですが、脚本を読んで率直に面白いなと思いました」といい、自身の役柄については「自分自身がまだまだなので、売れっ子というオーラを纏(まと)えるかが不安もありますが、亜梨沙の協力者として裏で手引きをする役どころは、やりがいがありそうです」と意欲を示す。

松本は「芸能界の人間が、芸能界のタブーを惜しげも無く露わにしていく、タブーだらけの作品だな(笑)」と笑いながら、「激しい憎悪によって生まれた亜梨沙と言う名の黒鳥を、より美しく恐ろしく際立たせられるよう、清廉潔白、凛とした紗羅を、とことん白に徹して演じれたらと思います」と意気込んでいる。

他にも、マネージャー・長谷川浩文役で谷川昭一郎、マネージャー・田澤美樹役で野村麻純、元所属俳優・棚城健二郎役で波岡一喜の出演も発表されている。

あなたにおすすめ