内田理央、“ハンサムな胸”手ブラショットに興奮の声殺到「理想的」「刺激が強い」

モデルプレス

2018/9/11 05:30

【内田理央/モデルプレス=9月11日】モデルで女優の内田理央が12日発売の女性グラビア週刊誌『anan』2118号の「ハンサム胸(バスト)のつくり方」特集で表紙と巻頭グラビアを飾った。これに大きな反響が寄せられている。

年に一度の恒例企画となっている『anan』の美乳特集。今回の美乳特集テーマは「ハンサムな胸」。「バストに自信がなく、表紙モデルに選ばれるなんて」と謙遜していたという内田だが、表紙では、ダメージジーンズにジャケットを羽織っただけ、という姿で登場。

誌面グラビアでも、肩まで下げたバスローブや質感のあるスイムウェア、そしてシンプルなブラショーツに白シャツ…とモデルとしての魅力も存分に発揮した、まさに女性が憧れる、ファッショナブルな「かっこいい胸!」のポートレートに。濡れた無造作ヘアや瑞々しい肌、意思のあるまなざしの表情にも注目だ。

◆内田理央、美乳の秘訣とは



内田は「生まれ持った体つきや体質を根本から変えることは難しいけれど、ふとした瞬間にきれいに見せる工夫ならたくさんできるはず。だから、その時にいちばん美しく見えるバランスを知ることが重要なのかもしれません。いつも意識しているのは、あざとくなくて、作りすぎていないヘルシーなバストです」と美乳の秘訣を明かした。

またインタビューでは、数々のグラビアの撮影で培ってきた、内田ならではのベストコンディションにするための“バストケア”や、憧れの女性像についても語っている。女性としての色気と共に、凛とした美しさを感じさせる内田を見ることができる。

◆ネット上に興奮の声



これまでもグラビアで活躍してきた内田だが、大胆な手ブラショットは衝撃的だったようで、「綺麗なお胸…」「昼には刺激が強い」「エッチすぎる…」「理想的な手ブラショット!」などと反響が殺到。興奮の声が上がっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ