私、嫌われてる? と思ったら試したい「0.1秒で好かれる方法」

カフェグローブ

2018/9/11 05:15

20180911_book_ky-1

明確な理由が無いのに、なぜか相手に不快感を与えてしまう人。……どこから手をつけたらいいのか悩ましいものがあります。

印象が良くないという現実は、商談や社内会議など、さまざまな場で支障をきたしがち。どんなにきっちり仕事をしても、印象でチャンスを不意にしてしまったらもったいないというものです。

『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法』 の著者である柳沼佐千子は、現在、印象力アップトレーナーとして活躍しています。

しかし、かつては「どうして私は嫌われてしまうんだろう?」という悩みに苛まれていたのだといいます。仕事にやりがいを感じているのに、どの職場でもうまくいかない。解決の糸口も見つからないままであったのだとか。

この悩みの重症化と比例して、学生時代から始めていたコミュニケーションの勉強と実践に没頭していった著者。試行錯誤を重ねる中で、やがて、ある結論に思い至りました。

相手の感情スイッチをオンにする


本著には、実に曖昧なイメージである「感じの悪さ」というものを、払拭する解決方法が書かれています。

それは、万人に共通する「フォーム」を知っておくということ

人に行動を促すのは、感情が1番目、正しさは2番目であると著者はいいます。相手の行動を促すには、相手が論理的に正しさを判断する前に、感情のスイッチを良い方にオンさせる

そこで効くのが、大袈裟なくらいの満面の笑顔。著者曰く「思い切りの笑顔」なのだとか。

一つ目は口。「い」を発音するときの口の形を意識して、上の歯を奥歯まで全部見せるように口の横幅を両側に目一杯開く。
二つ目は頬。アンパンマンのよう頬を丸く持ち上げる。
三つ目は目。三日月が寝ているような形に細める。

この笑顔に加えて、やりすぎと言えるほどの表情や身振り手振りをすると、相手からプラスのリアクションを得られると著者はいいます。

「思い切りの笑顔」のフォームを自分のものにして、努力した分に見合った、正当な結果を手にしていきたいものです。

空気を読まずに0.1秒で好かれる方法


著者:柳沼佐千子
発行:朝日新聞出版
定価:1,400円(税別)

「話上手だね」って褒められたい! 相手を納得させる会話のコツ5つ

聞き手が思わず納得する会話術を身に付けるには、5つのコツを意識することが大切です。聞き手が思わず「話し上手ですね」と言ってしまう会話ができるようにな...
https://www.cafeglobe.com/2018/08/lh_speaking.html?test2018_01

NHKアナウンサー・堀潤に学ぶ、ビジネスに役立つ「伝える力」

SNSに限らず、日常において何かを発信するということは、簡単なようで難しい。『SNSで一目置かれる 堀潤の伝える人になろう講座』より、ビジネスの場で...
https://www.cafeglobe.com/2018/08/book_horijun.html?test2018_01

あなたにおすすめ