青山めぐ セクシー検証でADが ”めぐパイ” にタッチ、村上信五「触ったやろ」詰め寄る

dwango.jp news

2018/9/11 00:19


月曜から夜ふかし」(日本テレビ)のセクシーな”もも時計”のお姉さんとして脚光を浴びて以来、さまざまな検証企画に登場。そのこんがり焼けた肌と、エキゾチックな顔立ち、キックボクシングで鍛えたプレシャスボディで人気の青山めぐ。

10日深夜放送の「月曜から夜ふかし」人気企画「言われてみれば見た事ないものpart26」に登場した。恒例となった青山のセクシー検証だが、今回は、体に点数を書いた的を描き、蚊が最初にどこに止まるかで得点を競う「蚊ダーツ」に挑んだ。



ADがやってもイマイチ盛り上がらなかったのは男がやったせいだと分かったスタッフは、”我らが”青山を招へい。乳首部分が高得点(100点)という設定に、青山は「乳首でも問題ないです」とやる気満々だが、マネージャーが制止するという、ある意味”お約束”のやりとりのあと、左胸上部に的を描きダーツ開始。すると開始10分で100点のエリアに止まる奇跡が。ディレクターの「刺される前に追い払ってください」の指示に、「ふーふー」と息を吹きかけるセクシー青山。それでは退散しない蚊を見かねたADが思わず手で追い払い、「なにさわってんだ!」とディレクターから大目玉を喰らってしまった。

スタジオにもいたそのADに村上は「めぐちゃんのおっぱい触ったやろ」とここでも詰められるが、マツコから「お前の身体の部分で一番近い感覚はどこよ?」と尋ねられ、「おしりかな…」とAD。青山のVTRを見返し、ちょうどバストが強調される部分で停止して、それを見ながらADの尻を触る、疑似おっぱい体験に「おおおーそういうことか!」と興奮する村上を見たマツコが、柔らかさを確かめると「ちょっと硬いだろ。これ触ってみ」と自分の胸を触らせる。「おまえマジか…すげーな!」とより近い感触にテンション上がりまくりの村上。実際触ってしまったADも「うおお!」と感動。「お見それしました」と敬服する村上だった。

あなたにおすすめ