要注意! 彼に「重たい女」と思われないように注意すべきこと4つ




相手を愛するあまり「やりすぎ」な言動をしてしまうと「なんか重たいな」と引かれてしまう……そんな残念なことだけは、避けたいですよね? 一体、どんな言動が「重たい」のでしょうか?
今回は男性たちに聞いた「重たい女と思われないように注意すべきこと」をご紹介します。

「重たい女」と思われないように

1. 彼の行動をしつこく聞かない



彼が好き、それゆえに「何をしていたのか」が気になってしまうこともありますよね。ですが「今日何してたの?」「誰といたの?」としつこく毎日のように聞かれると「詮索されている気分になる」という声も目立ちました。

「『何してたの?』『誰といたの?』って会話の流れでたまに聞くのはいいけど、毎日しつこく質問されると『束縛』されている気分になってしまう。聞きすぎない方がいいです」(31歳・アパレル関連)

▽ 彼が何をして過ごしたのか、不安になる気持ちはわかりますが。詮索しすぎには注意が必要です。

2. 恋愛以外の楽しみを持つ



彼だけに夢中になって、友達や趣味をおろそかに……こんな言動も「重たい」「依存されている気分」という声が多数! 恋愛以外にも「楽しみがある」ということを彼にアピールしておかないと「俺に依存しすぎでは?」と逃げ腰になってしまうこともあります。

「彼氏だけに夢中になって友達と会わない、趣味もおろそか、みたいな女性は『重たい存在』になる可能性が高い。俺しか楽しみがない、と思われるとドン引きされるから『趣味や友達も大事にしていること』を会話でアピールするといいかも」(33歳・通信会社勤務)

▽ 彼に会ったときに「友達のAちゃんに会ったよ」「○○に行ったよ」と彼ナシの生活もエンジョイしていることを伝えましょう。

3. 彼の世話を焼きすぎない

彼の世話を焼いて、家事、体調管理など「奥さん気どり」の言動をしすぎるのも「重たい」という声が……! ありがたい気持ちもあるけれど、頼んでいないのに、甲斐甲斐しく世話を焼かれると「生活を管理されている気分」になってしまうもの?

「頼んでもないのに、勝手に家事や掃除をしたり、これを食べないとダメだよと食生活を管理されるのは重たい。彼女に縛られている気分になってしまうので、やりすぎに注意」(31歳・男性・フリーランス)

▽ 勝手に彼の生活を管理したり、世話焼きしすぎると彼女ではなく「おかん」になって重たい存在に。気をつけましょう!

4. 一方的に連絡し続けない



彼から連絡がないときに、一方的に連絡をし続けてしまった……という話も多いですよね。連絡は1日2回まで、など回数を意識するなど「しすぎないこと」も大切という声が目立ちました。

「仕事の都合で、既読できても返信できないときってあるのに、一方的に『なんで返信くれないの?』『何してるの?』『誰といるの?』って連続で連絡がくると『即レスしなくちゃいけない』という重圧感が……。もっと気長に待って下さい!」(29歳・飲食関連)

▽ 連絡が一方通行になると「危険信号」です! 彼から返信があるまで気長に待つ、1日2回まで、など自制することも大切です。

まとめ

こんな言動が増えてしまうと「重たい存在」になってしまう可能性があります! 彼のことを愛するがゆえ、増えてしまいそうな言動なので「やりすぎ」にはくれぐれも注意したいですね。

あなたにおすすめ