8KテレビやE-Inkデュアルスクリーンなど、今いちばんトガっているプロダクトまとめ

180910_yogabookC930_2
GIF: Sam Rutherford (Gizmodo US)

2018年8月31日から9月5日まで開催されたヨーロッパ最大のテクノロジー見本市で、ナードが集まる家電の祭典とも呼ばれる「IFA 2018」( Internationale Funkausstellung )。はるばるドイツはベルリンで開催されるこの見本市は、新しい技術を取り入れたプロダクトのお披露目の場所としての役割を担ってきました。そんなIFA 2018で今回注目された製品たちをまとめてみました。

SamsungとLGの8K TV

2
Image: Samsung

IFAで初披露されるアイテムは数々ありますが、Samsung(サムソン)とLG(エルジー)もここIFAで業界初の商用可能な8Kテレビを発表しました。消費者の手に入るのはこの9月の予定。SamsungのQ900Rは65インチ、75インチ、82インチ、85インチの4サイズ。ピーク輝度が4000nitsのディスプレイを備えたテレビで、輝度を最適化するHDR10+にも対応、これにより解像度が低いコンテンツもアップスケールできるように。一方LGが展開する製品はSamsungの最大インチの製品をしのぐ大きさ。一番大きな8K QLEDパネルは88インチ。これでも大きさが足りないというあなたに、LGはメガ巨大な173インチのマイクロLED TVを用意しています。ただしこちらの解像度は8Kではなく4Kです。

AcerのPredator Thronosはまさにゲーマーの玉座




Acer(エイサー)がIFAでゲーマー用の専用チェアを発表すると聞いたとき、 あのAcerが放つPredator(プレデター)のゲームアクセサリの展開製品としてはぴったりくるプロダクトだと思いました。Thronos(スロノス)はただの椅子ではありません。バトルステーションという言葉がぴったりのゲーミングチェア。4Kの27インチモニタを備え、金属製のフレームが体全体を包み込むように覆うコクピットは全体が回転するようにできていてまさに玉座。きらめくRGB ライトに、デスクトップコンピュータを搭載するスペースもたっぷりあって、Thronos はPCゲームを楽しむゲーマーの夢を叶えるゲーミングコクピットと言ってもよいでしょう。キーボードとマウスを支える特殊な台はスライド式で、椅子が140度後ろに倒した状態でゲームを楽しめます。AcerはいまだにThronosの公式価格と発売日を明らかにしていませんが、「いくらなのかな」と考えているわたしには、きっと手の届かない価格であろうことには間違いありません。

LenovoのE-InkつきデュアルスクリーンYoga Book C930

ezgif.com-optimize(1)
GIF: Sam Rutherford; Andrew Liszewski (Gizmodo US)

5月から6月にかけて台北で開催された同じくコンシューマエレクトロニクスの見本市Computexで、Intel(インテル)は標準LCDディスプレイを上に、e-ink(電子ペーパー)画面を下に搭載したTiger Rapids(タイガー・ラピッド)コンセプトを発表しました。このコンセプトはあまりにもワイルドすぎて絶対に商用レベルでは開発できないと考えていた人もいたかと思いますが、Lenovo(レノボ)がそっくり同じコンセプトのYoga Book C930で商用展開を実現した形となりました。

e-ink画面が普通のコンピュータに搭載されているキーボードの代わりとなります。この画面はスタンドアロンのEリーダーとしても使用することができます。 付属のスタイラスペンを使用してメモとり機器としても使用できるすぐれもの。初代のYoga Bookと比較すると、第二世代のC930は10.8インチの画面を搭載し少しだけ本体が大きくなっています。仕様も大きく変わり、Intel Core i5-7Y54のCPUと、メモリは4GB、 SSDハードディスクの容量は最大256GBとなっています。ただし価格は1000ドル(約11万1000円)と高額。C930は第一世代のYoga Bookの倍の値段です。また、Android OSオプションもなくなっていました。OSはWindows 10のみ。

Honor Magic 2のスライド式カメラ(Xiaomi Mi Mix3も)

magic
Image: Honor

世界最大規模のモバイル見本市「Mobile World Congress」(MWC)以降、スマホのノッチはすっかり世の中に浸透したように見えました。しかしIFA 2018では、Honor Magic 2とXiaomiのMi Mix 3がノッチを不要とする解決策を提示しました。クールとは言えませんが...。フロント画面はいずれの端末もベゼルレスかつノッチレスでエッジを最小限にしたのはいいんですが、背面にあるスライド式フロントカメラを手で押し出してカメラを露出させる形をとっています。ハイテクな問題をローテクで解決した発想の転換的カメラの登場です。

IntelとHuaweiの新チップ

kirin980
Image: Huawei

新しければいいというものでもありませんが、Intel(インテル)とHuawei(ファーウェイ)の新しいプロセッサはこれから開発されるノートPCやスマートフォンに大きな影響を与えそうです。

Intelの新しいチップはアンテザードネットワーク接続がさらに高速化するギガビットWiFiに対応。新しくなったDSP(デジタル信号プロセッサー)でCortana(コルタナ)やAlexa(アレクサ)といったAIアシスタントとの連携がスムーズになります。低消費電力がうたい文句の5ワットのYシリーズチップは極薄デザインのノートPCでその性能を発揮しそうです。さらに新しいUシリーズのCPUでは、CPU内蔵グラフィックスが第7世代のものよりも10%は速くなったとしています。またバッテリー寿命も改善し、連続ビデオ再生で16時間もつようになったとのこと。

この秋ローンチ予定のMate 20に搭載されることによりデビューする、Huaweiの新プロセッサ「Kirin 980」は、Huawei によれば業界初の7nm(ナノメートル)プロセス生産による最新システム・オン・チップ。Cortex A76をCPUコアに置き、デュアルNPU(ニューラル・プロセシング・ユニット)とMali G76 GPUで構成されています。Kirin 980の性能は前の世代と比較して20%アップし、消費電力も抑えることができたとしています。これにより得られるメリットは大きいでしょう。ただし、Huaweiがベンチマークスコアの水増し疑惑などで各社の紙面を賑わせていることをかんがみると、Mate 20のリリースは様子を見たほうが無難かとも思います。

Wear OSも様変わり、新スマートウォッチも軒並みWear OSを導入

watch
Image: Google

Wear OSも進化を続けています。スマートウォッチのプラットフォームの本来の形からはどんどん横にそれる形で進化してきましたが、そのかわりFossil(フォシル)やLuis Vuitton(ルイ・ヴィトン)などのファッションブランド向けに、シンプルなスマートフォン連携機能を提供するOSとして定着しようとしているようです。

Wear OSの最新情報を見ると、Googleはプラットフォームそのものをシンプルにしようとしており、インターフェースも合理化されています。さらに Google Fitなどのアプリをアップデートさせることで健康とフィットネストラッキング機能との統合を図っています。そしてQualcomm(クアルコム)からまもなくリリースされる予定のスマートウォッチCPUが搭載されれば、Wear OSが入ったスマートウォッチは年内にも大きく機能向上すると言ってよいでしょう。

注目に値するユニークなスマートフォンウォッチ Nubia-α

nubia
Image : Nubia

フレキシブルディスプレイを採用してバンドの部分にも画面を拡張したアイデアはユニーク。4Gを採用した「Nubia-α」 はスマートフォンでありながらスマートウォッチである、クールでありながら、ちょっとヘンテコな、未来派ガジェットです。Nubiaは販売を予告していますが、私の予測では、Nubia-α はプロトタイプで終わり、市場にはでてこないんではないかという気がします。でも、この未来っぽいファンタジーいっぱいのガジェットをIFAで展示したNubiaの勇気を称えて、ここに紹介しておくこととします。

あなたにおすすめ