ママたちの家事の「イライラ」に迫る!時短よりも“ゆとり”が大事な理由

It Mama

2018/9/10 21:15

出典: It Mama(イットママ)

2015年8月28日に成立した、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)は、今年で4年目を迎えました。(※1)

女性が社会に出て働きやすい環境を整えるために、企業の働き方改革などで、「仕事が見つかった」「勤めている会社の規則が変わった」と感じている人もいるのではないでしょうか?

その反面、家にいる時間が減り、家事がうまくいかずに“イライラ”したり、体調を崩していませんか?

仕事と家事の両立のために、今までは“時短”というキーワードが主流でしたが、それよりも“ゆとり”が大事だと言われ始めています。

その流れをうけて、P&Gジャパン株式会社は、生活情報誌『サンキュ!』と共に、働くママを対象とした「今日から“ゆとり上手な私”になれるスペシャルセミナー」を開催!

今回は、そのセミナー内容をもとに、働くママにとって“ゆとり”がいかに大切かをお伝えしたいと思います。


 

ママたちの「イライラ」の原因は?


働くママにとって、限られた時間の中で家事と仕事を両立することは、大きな課題ですよね。

そんなママたちの“イライラ”“ギリギリ”の原因のほとんどは、「名もなき家事」と呼ばれる、こまごました掃除、洗濯など、名前のつかない小さな家事の積み重ねによるストレスだといわれています。

今回行われた「今日から“ゆとり上手な私”になれるスペシャルセミナー」でサンキュ!編集長の飯塚さんは以下のように語られていました。

●サンキュ!編集長の飯塚真希さん
source:https://prtimes.jp

皆様の生活に寄り添っていく中で、最近は主婦の皆様の生活が忙しくなっていると感じています。女性活躍推進法の成立から3年ということで、これからさらに活躍される女性が増えていくかと思いますが、忙しさを少しでも和らげられるために、当たり前と思い込んでいることをやめてみる、手間をショートカットするなど、時短よりもゆとりが大事であり、豊かな暮らしのキーワードだと思っています。

働くママ達が実践し始めているのは“時短ではなくゆとり”という視点をもつこと! 家事の当たり前をやめて、手間をショートカットすることで、それぞれのゆとりを生み出します。

“ゆとり上手”なママになるための秘訣は?

source:https://prtimes.jp

しかし、今までしていた家事の当たり前をやめるのは、気が引けます。手を抜いているようで悪いことをしているような気持ちにもなりますよね。

“ゆとり上手”になるために専門家の先生方はこのようにおっしゃっています。

●翻訳家・家事生活研究科の佐光紀子さん
source:https://prtimes.jp

最近の調査によると、働くママは時間が足りないというよりも気持ちのゆとりが足りないと感じていることがわかりました。ゆとりが足りない理由の一つが、家事をきちんとしなければならないというプレッシャーです。家事や育児をきちんとしながら社会で活躍することは、結構ハードルが高いと思います。日本の主婦は、明治時代からの価値観や“丁寧な暮らし”の呪縛によって、家事をしすぎているのです。家事を愛情のバロメーターだと思うことをやめましょう。ちゃんと、完璧に、と思わないこと。そして家事を生活技術として考え、適度に分業するようにしましょう。すべてを引き受けることをやめて、できないことはできないと言ってみることから、ゆとりが生まれるのです。

●家事研究家・(株)ベアーズ副社長の高橋ゆきさん
source:https://prtimes.jp

時短となると、どうしても空いた時間で別の作業が生まれてしまっていたのですが、これからは、ゆとりというキーワードが重要になります。私の考えるゆとり上手のコツは3つあります。1つ目はスケジュールを立てること。2つ目は、家事代行を活用したり家族で分担するなど、家事をアウトソースすること。そして、3つ目は、時短よりゆとりを生み出すために、家事をショートカットできるグッズを使うことです。

マンゴーカットスポンジや軍手ぞうきんなど、高橋さんが考案した自宅で簡単に手作りできるグッズは、会場にいたママ達も興味津々の様子。

source:https://prtimes.jp
source:https://prtimes.jp


また、Oisixのミールキットや衣類用スチーマー、みじん切り器など家事の時間をショートカットできるアイテムがあり、こういったものを工夫しながら活用すると、家事にゆとりが生まれそうです。
source:https://prtimes.jp


ワーママを助けてくれる洗濯洗剤!これで”ゆとり”が出るかも!?

source:https://prtimes.jp

毎日出る家族の洗濯物は忙しいワーママにとって時短したい家事の1つではないでしょうか。

セミナーでは、洗濯の質を落とさず、手間を減らせて、暮らしにゆとりができるという製品が紹介されていました。

生活情報誌『サンキュ!』4月号口コミランキング「働くママ部門 洗剤NO.1」を獲得した“P&Gのジェルボール3D”。こちらの商品は0.3秒に1個売れているそうです。(※2)

この「ジェルボール3D」は、働くママの悩みやトレンドに基づき、8月上旬にリニューアルし、“ふんわりハリアップ成分”により衣類の洗濯じわをなくし、アイロンがけが楽にできるなど、今まで以上に働くママに寄り添う商品になったのだとか。(※2)
source:https://prtimes.jp

家族のためにも“家事をきちんとしなければいけない”というプレッシャーを感じているママは多いことと思いますが、今日ご紹介したように、そんなママを助けてゆとりを生み出すアイテムがさまざま開発されています。

こういったアイテムを上手に活用することで生活にゆとりを生み出し、豊かにできるように工夫してみてはいかがでしょうか?

【参考・画像】
※1 女性活躍推進法 – 内閣府男女共同参画局
※2 8月28日で成立から3年目を迎える女性活躍推進法 「今日から“ゆとり上手なわたし”になれるスペシャルセミナー」を開催 働くママに大切なのは“時短ではなくゆとり”だった! – PRTIMES
※ PR Image Factory / Shutterstock

あなたにおすすめ